在宅ワークってどれくらい稼げるの?リアルな私の報酬額を公開します!!

Pocket

こんにちは

在宅ワークに応募してお仕事をすると、実際どれくらいの収入になるの?というのは気になるところではないでしょうか?

見積り金額の設定の仕方の前に私が実際に在宅ワークで得た収入の一部をお見せしたいと思います。

実際の報酬

私が実際に在宅ワークを始めたのが、2017年の3月からで最初の頃は本当に数千円の世界でした。

そのあと、シュフティとかクラウドワークスではないところで業務委託の仕事をしていたので、少ない月は別のところの仕事もしていた時期です。

10月になって、一気に収入が上がった理由は、業務委託の仕事がなくなって、50,000円ほどの収入を失ってしまったので、仕事を探していました。

ちょうどお仕事を探していたタイミングでシュフティさんのサイトでクライアント様からお仕事紹介の連絡がきたので、(クライアント様からこのような紹介があって応募すると、採用の確率が高いのです)採用していただいて、ライターの仕事を始めたときから一気に収入があがりました。

 

今は、ここのお仕事をメインに別の方のお仕事もしていますので、この表の金額が、すべての金額ではないですが、これが私の在宅ワークで得ている報酬のリアルな数字です。

これを見てもらうとわかるように、今のお仕事でまとまった収入になるようになったのは、とても最近だということがおわかり頂けるかと思います。

すぐに安定した報酬が欲しい人は、パートとかに出たほうがいいかもしれないですよというのは、こういった理由です。

いきなり、たくさんの収入を得られる保証はないですし、金額がまちまちなのもおわかりいただけたと思います。

逆に言うと、努力次第では報酬を上げられる証明でもあるということでもあります。

 

収入は確約はないですが、自分の頑張りと努力次第ではあげられるので、私もやっと安定した感じなんですね~。

数百円の報酬しかないところは、ライターのテスト記事の報酬だったりします。

テスト記事は、報酬がもらえる場合と報酬なしの場合もあります。

下の方にある数百円の案件は、テスト案件で合格をもらったのですが、私からお断りしました。
クライアント様と相性が良くなくて、記事が書きにくかったのです。

修正の指示がまどろっこしくて、
こういう意味?と思って理解したつもりで修正しても、相手の意図している修正とは違ったみたいで、なんか毎回もやもやしてました。

ちなみに、それでも評価は★5をもらいましたよ。

 

今のところは、自分が書きたい記事を選ぶことができて、自分のペースで書くことができるので、時間を作ってたくさん書けば、それなりにまとまった収入を得ることができますし、継続案件なので、今は、落ち着いて収入を得ることができるようになってきました。

自分と相性のいいお仕事とクライアント様に出会うまではちょっと大変なんですね。

ここにたどり着くまで、途中でめげないで、探し続けることが、在宅ワークで収入を得るコツだと思います。ここにたどり着くためには、まず、応募して採用してもらわなくてはなりません。

次回の記事は、実際にどのように応募すればよいのかという具体的な方法についてご紹介しますね。

 

にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)