在宅ワークで被害に遭わないようにするために行うこととは?

Pocket

こんにちは

在宅ワークでホームページの作成を促され、被害者が出て注意喚起されるというニュースが話題になっていますね。こういうニュースが出てしまうと、在宅ワーク=危ないという認識になってしまう人も多いのではないかな?と思います。確かに最初からだますつもりで募集のような形でサイトに掲載している人がいることは事実です。

私も同じ会社なのかはわからないのですが、某有名なアルバイト雑誌のweb版で同じような仕事があり、応募したことがありました。仕事を始める前にやはりホームページを作成しませんか?と言う話があったので、そのまま継続していたら、被害に遭ったかもしれないと思ったら、ちょっとぞっとしました。

ホームページの作成の話をされたときに、違和感を感じたので止めたのでよかったのですが、今後同じような被害に遭わないように私の体験談を少しご紹介しておきたいと思います。

最初に感じた違和感

サイトの仕事をするために、通常のホームページに見えるサイトからの会員登録をするように言われました。一見すると、きちんとページを作り込んであるように見えましたが(web上のショッピングサイトみたいなページでした)、web上で実際に販売実績のあるお店があるような雰囲気で作られてはいましたが、私のみた限りでは、販売実績がある感じには見えませんでした。

実際に大勢のライターさんなどを抱えるところでは会員登録をしてくださいと言われることがあります。私が実際に今仕事をしているクライアントさんのところも最初に登録フォームの入力がありました。なので、会員登録が危険だということは一概には言えないのですが、このような場合もあるので、注意が必要です。

誰でも、簡単に稼げるの言葉には慎重に!

パソコンの知識がまったくなくても、誰でも簡単に稼ぐことが可能ですという誘い文句には注意が必要です。まず、誰でも簡単にできる在宅ワークには、単価の高いお仕事はほとんどありません。普通に考えてみてもらえばわかるのですが、例えば専門性の高い、知識や技術の必要な仕事の場合は、誰でもできるわけではないので、応募者は多くありません。また、専門性の高い仕事であれば、クライアントさんも高い報酬で仕事を得ることができるので、外注に出し、高い報酬を払ったとしても利益を得ることができます。

 

しかし、知識もなく誰でも簡単にできる仕事に対して、高い単価で仕事を依頼する人はほとんどいないと考えるのが妥当です。アフィリエイトやGoogleアドセンスといった手法で、自分でホームページを作り、広告などで収入を得ている人のホームページを見てもらうとわかるのですが、自分のサイトでは月に何十万、何百万の報酬がありますというふうに書いてある人のページは、まったく知識がない人が作成できるページではないことがわかると思います。(専門性の高い内容や、ページもきれいに作られている人が多いです)

 

私のサイトもそうですが、どこの誰だかわからない人のホームページを見つけて、読み続けてみようと思うためには、自分にとってなにか有益な情報が常に更新されている、読んでいてためになる、楽しい、自分の知りたい情報が書かれているなど何か理由がなければ、見たいと思わないですよね?(私も更新頑張りま~す 😀 )

 

つまり、月にそれだけの収入を得ている人は、ホームページを作った瞬間に高収入が得られるようになったのではなく、読んでくださる人にとって有益な情報や、喜んでもらえるような情報を書き続け、読みやすいサイトを作り、広告を載せさせてもらえるようにGoogleさんに信頼してもらえるサイトを作り、日々努力を重ねて、数ヶ月~年単位の努力を重ねて収益を上げることに成功しているのです。

そして、ホームページは確かに業者に依頼すると、最初に表示されるトップページとその他の内容を記載できるページと複数のページを作成してもらうだけです数十万円単位のお金が必要になることは事実です。
また、ページの更新をするだけで、数万単位の更新料も必要になります。でも、いきなり素人がページを作ってもらい、それだけで生活できるくらいの報酬を得るというのはあまり現実的ではありません。

 

ホームページの知識がなければ、結局サイトの更新をすべて業者に依頼しなければならなくなってしまいます。ホームページで簡単に簡単に稼げるという内容の募集は注意してくださいね。

仕事をするためにお金を要求してくる業者には注意しましょう

まず、考えてみてほしいのは、自分がアルバイトやパートで働きにでる前に「あなたを採用しますので、私の会社(お店)で働く知識を勉強してもらうために、いくら必要なので支払ってください」と言われた経験がある人はいますか?
おそらくこんな人はいないと思います。

つまり、在宅ワークで仕事に応募した採用されたあとに、こんな話になった場合、そのクライアントは危険だということです。もし、金銭を要求された場合は、きっぱり断るようにしましょう。

そこで募集している仕事に対しての知識や経験がなければ単価が安いのが普通です

たとえば、データ入力やデータ収集の仕事はそんなに専門的な知識や技術がなかったとしても、やり方さえ教えてもらえれば比較的誰でも行うことは可能です。しかし、こういった仕事を外注したい理由は、中で働いている社員の人にはもっと専門性の高い仕事に集中して会社の生産性を上げることが目的です。

しかし、外注に出したことで会社の経費を圧迫し、それが原因で赤字になってしまうとしたら、それは会社の経営としてありえない状態になってしまいます。確かに誰にでもできる仕事だけど、時間のかかる仕事は他の人にお願いしたいということは会社の中では良くあります。しかし、誰かにお願いしたことで社員のお給料が払えなくなってしまっては会社としては失格なのですね。

 

そのために、在宅ワークの仕事は安めの単価に設定されてしまうという現状があるのです。例えば、ホームページの構築ができる、イラストを描いて売れるくらいのスキルがある、手先が器用で作った作品は売れるくらいのクオリティがある、専門的な知識と経験がある場合は別ですが、そうではない場合は、最初から高単価の仕事をするのは難しいと考えるのが妥当だと思います。

インターネットの普及で誰にでも高収入を稼ぐチャンスはある!

とは言っても、確かにインターネットやSNSの普及で誰にでも高収入を稼ぐチャンスがあるのも事実です。たとえば、まったくの素人だった人がyou tubeに動画を上げたことで、評判になりプロの歌手になったり、有名なyou tuberと呼ばれている人達が破格のお金を稼いでいることも事実です。

しかし、例えば、動画をアップして収入を稼ぐにしても、動画を作成し、編集する知識は必要になります。何の知識もなく、何の勉強をすることもなく、ただ何もせずにお金が入るしくみを構築することはできません。最初は知識がなかったかもしれませんが、少なくても高収入を得ている人は、陰で努力をしている人達だということは忘れてはいけないということですね。

継続は力なり!続けていればクライアントさんから直接仕事をもらえるようになる

最初から高単価の仕事をGETするのは確かに難しいことが多いですが、継続して仕事を続けていれば、単価をアップしてもらうこともできますし、継続案件で続けて仕事をもらうことも可能になります。また、長く続けていると自分のスキルもアップしてくるので、それに見合った報酬になってきます。

新入社員のうちは、仕事もあんまりできないですし、お給料も安いですが、ベテランの域に入るとやはり技術が伴い、それに伴ってお給料や稼げるようになる人はたくさんいますよね?在宅ワーカー初心者さんは新入社員と一緒です。1つ1つの仕事を丁寧にこなしながら、スキルアップをして最後にはしっかりとした報酬を稼ぐという道を進めば、トラブルに巻き込まれる危険は低くなります。

自分の身を守るために、最初から破格の高単価の案件や、お金を要求される仕事はきっぱり断りましょう!!

にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)