在宅でも10万円稼げる!私が1年半在宅でライターをやった実践体験記

Pocket

こんにちは

 

今日は、在宅でも10万円稼ぐのは可能だよというお話をしようと思います。

ちょっと長いです。ごめんなさい。

 

正確にいうと、まだ10万円には届いてないです。でも、在宅でも10万って稼げるんだというのを実感したので、こんな感じで進めれば専業主婦でも家にいながら、10万円を稼げるようになるよという私が体験したことをお話しますね。

なんせ、ブログのタイトルが『実践体験記』ですからね(笑)

私が、初めてクラウドソーシングの仕事をしたのは2017年の1月でした。そのときやった仕事はデータ入力の仕事です。インターネットの画面で操作をして数字を表示させて、その数字をエクセルにデータを入力するものだったのですが、時間がかかるわりには報酬は安かったです。

それなのに~。全部データの入力が終わったのに、途中でクライアントさんと連絡が取れなくなっちゃったんです。最初に私の口座に直接前金として3,000円くらいだったかな?振り込んでくれたのですっかり信用しちゃったんですよね。

 

でも、いろいろ調べてたら、これってやっちゃいけなかったんですね。無知ゆえの失敗でした。クラウドソーシングのサイトでお仕事を請け負ったときは、お金のやりとりをクライアントさんとワーカーが直接やることは違反なので、絶対やらないでくださいね。

 

ここのサイトでお仕事を探すの怖いなと思ったので(サイトが悪いわけではないです。私が失敗しちゃったから)、クラウドソーシングのサイトをシュフティに変えて、やっぱり最初はデータ入力の仕事をしました。

一日4~5時間ずつやっても1か月1,000円になるかならないかだったので、これじゃな~と思ってたときに、ライターの仕事を見つけたんですね。やったことなかったのでめっちゃ不安でした。お金をもらえる文章なんて私に書けるんだろうか?って思ったので、なかなか応募する勇気がなかったんです。でも、思い切って応募したら、採用してもらうことができたんですよ。

 

このクライアントさんに、ライターとして採用してもらったのがきっかけで今はライターとして仕事ができるようになりました。このクライアントさんにはものすごく感謝してます。

最初は要領がわからないし、修正は多いし、めちゃめちゃへこみました。でも、修正をいっぱいしてもらったから、私の文章のくせみたいなものに気が付くことができたので、今は最初からいい記事をありがとうございますといわれるようになりました。

(まぁ、今でも修正はあるんですけどね)

 

ライターの仕事を始めたら報酬が1万円超えるようになったんです。『わぁ~同じ時間かけてもぜんぜんもらえる金額が違う』と思ったので、それからはライターの仕事にシフトチェンジをして、ライターの仕事を中心にしました。

 

そのころのクライアントさんは、記事で使う『キーワード』つまり何についての記事を書くかっていう部分ですね、と記事タイトル、記事の見出しはある程度決まっていて、見出しに合う内容を調べて自分で記事にするという感じで仕事をしていました。

 

文章の構成は自分で考える必要がなかったので、初心者でも比較的書きやすかったです。こんな感じで仕事を依頼してくれるクライアントさんの仕事をかなりの数をこなしました。

 

途中で記事構成(見出しも自分で考える)を依頼してきたクライアントさんが出てきたんですね。最初は、見出しができていたので、見出しに合う文章を書けばよかったのですが、見出しも考えないといけなくなったので、最初は文章構成(見出し)を考えるだけでめちゃくちゃ時間がかかりました。

この頃になると安定して3~5万円くらいは稼げるようになっていました。

クラウドソーシングの仕事自体は2017年の1月から始めたのですが、ライターの仕事は3月から始めたので今、ちょうど1年半になります。

今は、すべての仕事は文章構成も含めたライティングの仕事をしていて、クライアントさん2人と仕事をしていますが、文章構成も10分ほどでできるようになりましたし、記事単価も上がったので、1日1記事ないしたまに2記事(5,000文字くらいの記事)くらいのペースで仕事をすれば10万円くらい稼げるというところまで到達しました。

 

1年半続けてトータルすると300以上の記事を書いてきましたが、今は3,000文字程度であれば文章構成も含めて1時間以内に書けるようになりました。いろんな角度から記事構成をすると10,000字くらいの記事を書くこともあります。さすがに10,000字を超えると4~5時間かかることもあります。内容によってはそれ以上になることもあります。

 

ライターで10万円稼ぐのは可能です。でも、条件もあります。

1.とりあえずライターの仕事に応募して数をこなす(200記事くらい?)

2.記事構成を自分でできるようになる

3.10,000字くらいの記事も書けるようになる

4.1日1記事書けるようになる

5.3,000文字くらいなら1時間くらいで書けるようになる

くらいまでのスキルを上げられれば10万円以上のライターになることは可能です。

 

でも、小さいお子さんがいたりすると、記事を書く時間がなかなか取れないこともありますよね?そういう人の場合は、月に数万円稼ぐことを目標にして、何日かで記事を1本というイメージから始めてみるといいと思います。

時間はあるよという主婦の人は、アラフィフの私でもここまで到達したので誰でも10万円くらいは稼げるようになると思います。でも、1年くらいは経験を積んだ先に…と考えるといいと思います。

目標を高く持てば、そこに到達することもできますよ。

毎日家にいるのに10万円稼げたら、けっこういいですよね?ライターは、数をこなして文章を書くことに慣れてさえしまえば、比較的稼ぎやすいかな?と思います。あとは、クライアントさんを選ぶ嗅覚を身につけることが大事です。

今のクライアントさんは、本当に仕事がしやすいし、しばらくはお付き合いができそうなので、良かったな~って思ってます。新規で仕事のお誘いメールが入りましたが、今はいい感じで仕事ができているので増やす予定はないですが、同じクラウドソーシングのサイトで仕事を続けているとクライアントさんからたまにお誘いメールが入ります。

昨日の方は、文字単価0.57円くらいのお仕事だったので、まぁ悪くないレベルです。0.2円とかいっぱいありますからね~。

 

でもやらな~い(笑)

これ以上増やすと今やっている方のペースが落ちるので…

ということで、私の1年半の在宅ワーク実践記を書いてみました。

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)