在宅ワークを始めるのが怖い人は「タスク」という種類から始めてみよう

Pocket

こんにちは

 

梅の花やフクジュソウが咲いて、すっかり春が…と思っていたのですが、ここ数日寒い日が続いています。

3月も後半に入り、子どもが入園したら、入学したらそろそろお仕事を始めようかな?と考えている主婦の方も多いと思うんですね。

そこで、改めてお仕事を始めるにあたり、どんなスタイルで仕事をしたらいいのかということについてお話してみようと思います。

お仕事をする方法は、大きくわけて3つあります。

1.正社員で働ける仕事を探す

2.パートで働く

3.在宅で働く

正社員で仕事をする場合は、収入はしっかり確保できますが、残業や休日出勤もしなくてはいけないので、家庭、子育て、仕事の両立はけっこう大変です。

パートで働く場合は、ある程度自分の都合でお仕事を選択することができます。ただし、職種によっては休日にお仕事をしなくてはいけないこともあるので、自分が働きやすいお仕事や曜日、時間帯で働けるお仕事を探すことが必要です。

外でお仕事をするメリットは、ある程度お給料の保障があるということ。突然、会社が倒産なんてこともありますが、基本的には自分が退職しない限りは、働き続けることができますよね。

 

在宅で働くメリットは、仕事のペースを自分で管理することができるので、お金を稼ぎながら、家のこともしっかりできることです。ただし、仕事を継続して探し続けなければいけないですし、収入が安定しないというのが最大のデメリットです。

 

収入の安定を求めるなら、パートとかのお仕事がおすすめです。でも、外で働くのは難しいけど稼ぎたいというのであれば、在宅でも可能です。

今回は、在宅で仕事するってどうなの?という点についてお話してみます。

 

早いもので、私も在宅で稼ぎ始めて3年になりました。

最初の頃は、要領がわからなくて、1か月の収入は1万円にもならないという月が続きましたが、今はライターの仕事を安定して続けられているので、そこそこの収入は得られるようになりました。

在宅での仕事って興味ありますよね?でも、なんとなく怖いじゃないですか?私も最初の一歩を踏み出すまではすごく怖くて、クラウドソーシングのサイトに登録してから、実際に仕事を始めるまでになんと1年以上かかっています(笑)

在宅の仕事は、興味はあるけど、でも怖いという人におすすめしたいのが、「タスク」と書かれているお仕事から始めることです。

在宅ワークの始め方については、以前に書いた記事がありますので、興味のある方はこちらも読んでみてください。

 

 

 

クラウドソーシングには、いくつか有名なサイトがありますが、どこのサイトでも「タスク」と書かれている仕事と、「プロジェクト」と書かれている仕事があります。

プロジェクトと書かれている仕事は、パートのお仕事などと同じでクライアントさん(雇用主)が募集している仕事に応募して、採用されたらお仕事を開始することができます。

タスクと呼ばれている仕事は、仕事の依頼者はそのサイトの運営者ではなく、クライアントさんなのですが、仕事を始めるにあたっては応募の必要がなく、この仕事をやりたいな~と思えば、すぐに始めることができるんですね。

「プロジェクト」と「タスク」の大きな違いはいくつかあります。

1.タスクの場合は、応募する必要がないので、すぐに仕事をすることができるが、プロジェクトの場合は、応募をして、採用されなければ仕事をすることができない。

2.「タスク」は、単発の仕事なので、1回限りの仕事ですが、「プロジェクト」の場合は継続案件もあるので、継続案件に応募した場合は、数か月継続して仕事ができることもある。

3.「タスク」案件は、単発の仕事も多く、単価(報酬)もかなり安いものが多い。「プロジェクト」案件は、仕事の内容にもよりますが、「タスク」案件よりも稼げる確率が高い。

 

在宅ワークって始めてみるまでなんとなく怖いですよね。

なので、在宅ワークはやってみたいけど、怖いな~という人は、いくつか「タスク」案件をこなしてから、「プロジェクト」案件に挑戦するといいと思います。「タスク」案件は、単発の仕事が多いので、今ならできそうと思うときに、いつでもできるというメリットもあります。

ただし、タスク案件ならすぐに仕事ができて、すぐにお金をもらえるかというと、お仕事の内容が指示通りになっていなかった場合は、OKがもらえないこともあります(承認されないという言い方をします)

仕事の内容が、承認されない場合は、報酬をもらうことができません。

非承認にならないために注意することは、仕事を始める前に仕事の内容をしっかり確認することが大切です。

そして、自分にできそうなのかを判断してから、仕事を始めるといいですよ。

 

もうひとつ注意することは、これは「タスク」「プロジェクト」に共通することですが、報酬の全額が振り込まれるわけではないということです。

システム手数料、振込手数料を引いた金額が、実際に振り込まれる金額なので、自分が挑戦しようとしているサイトのシステム手数料や振込手数料を確認するようにしてください。

クラウドワークスやランサーズは、20%、シュフティは10%の手数料が引かれます。詳細は各サイトで確認してみてくださいね。

タスクのいいところは、納期などを気にせず、やりたいと思ったときに、自分ができる仕事があれば、すき間時間を使ってちょこちょこ仕事ができることです。単価が安くてもこまめに数をこなしていけば、まとまった金額にすることも可能です。

私の場合、タスク案件はあんまり合わなかったので、タスクのお仕事は1~2件しか経験がないですけど。

 

仕事をしたいと思ったときに行動を始めても、出遅れてしまいます。この春から仕事を始めたいと思っている人は、早めに行動を開始しましょう。

在宅ワークは興味あるけど、怖いな~と思っている人は、今日の記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)