ザグーワークスの仕事を体験してみました!

Pocket

こんにちは

 

最近、ライティングのお仕事は、シュフティで登録している依頼者さんの継続案件のみをやっていたので、他のサイトってどんな感じなんだろうと思い、ザグーワークスに登録して試しにやってみました。正確に言うとちょこっと書いて途中で止めました。実際にザグーワークスを触ってみた体験をお話しますね。

プラチナライターの試験をのぞいてみた

「ザグーワークス」は、ライターさんのスキルに合わせて、「レギュラー」「ゴールド」「プラチナ」というランク分けがあります。サイトに登録したばかりのときは、「レギュラー」で、ある程度案件をこなすと「ゴールド」になります。「プラチナ」になるためには、ネット上の試験を受けて合格しなければなりません。でも、プラチナライターさんになると「高単価」の案件の仕事をすることができます。「プラチナ」ライターの試験は、誰でも何回でも試験ができるとのことだったので、どんな感じかな?とチャレンジしてみました。

まずはプラチナライターさんに必要な項目を登録する

「プラチナライター登録フォーム」から、必要な項目を登録します。専門的な内容を依頼されることがあるので、電話連絡があるみたいで、連絡用の電話番号の登録とかもありました。項目に沿って必要事項を入力していきます。

登録が終わると試験開始です!

試験は3つ記事を書きます。合格できるかな~と思って、1つの記事は作成しましたが、途中で止めてしまいました。他のサイトの仕事をずっとやっていたせいか、記事の書き方の違いに戸惑ってしまって、3つ書きあげる気力が途中でなくなってしまったんですね~。でも、ザグーワークスってどんなところ?という方のためにどんな感じだったよというのはお伝えできると思って、とりあえず頑張ってみたんですけどね。

タイトルや想定しているユーザー(誰に読んでほしいのか)見出し、書いて欲しい内容などか指定されていて、それに沿って記事を作成していきます。記事の作成に慣れていない人は、登録していきなりテストを受けるのはちょっとハードルが高いかもしれないな~というのが、実際にやってみた私の感想です。

できれば、他のサイトではなく、ザグーワークスの案件をいくつかこなしてから、テストを受けるといいと思います。(他の案件と同じような画面でテストをするので)

3つ記事を書くのですが、途中で止めてしまったので、2つ目までの画面しか見られなかったのですが、2つ目の記事のボリュームは3,000~5,000文字で、2つの条件のうちどちらかを選択して記事を作成するテストでした。見出しと、こんなイメージでという内容を網羅して記事を書くと、これくらいのボリュームになりますと言う感じでした。

ちなみに、1つ目の記事は全部書きあげてみたのですが、こちらは、2,000文字程度の記事で作成できると思います。

全部受けるとけっこう時間がかかるかなという印象でした。

タスクの記事を体験してみた

タスクの案件ってどんな感じかな?と思ったので、こちらも途中までやってみました。(いつもとやり方が全く違うので、要領がつかめなかったので)

タスク案件は文字数が少ないので、ちょっと調べれば書けそうな印象ではありました。ただ、見出しの文字数がいつもにくらべて長く設定されていたので、私にはちょっと書きにくかったです。1つの記事について時間制限があって、途中で止めて続きを後で書くというのができないので、私には合わないかな?と思いました。(もしかしたら、途中で止められるシステムがあるのかもしれないですけど、納品までの時間がずっとカウントダウンされていたので、たぶんないんじゃないかな?と言う結論に至りました)

今のところも、Wordやテキスト形式のアプリを使うのではなく、ウェブ上のシステムを使って、直接記事を書くタイプなのですが、納品ボタンを押さなければ、記事の途中の状態であっても、その状態が保存されるのでいつでも記事の作成を再開できるので、急な用事などがあったときなどでも便利なんですよね~。

記事の作成も1週間猶予があるし、万が一急用で期限内の納品が難しい場合は、申請すると納期を延長してもらうこともできるので、このシステムも助かってます。

結論!ライティングの仕事に慣れるまでは、あまりいろいろなサイトに浮気しないほうが仕事に慣れる

同じようにライティングの案件を扱っているサイトでも、画面の操作や仕事のシステムがこんなにも違うんだな~というのが素直な感想です。システム手数料や振込手数料などもあるので、仕事になれるまでは、あちらこちらのシステムに浮気せず、使い慣れたサイトの仕事に絞って案件の数をこなしたほうが仕事に慣れるな~という感想を持ちました。

自分が実際に操作してみないと、なかなか詳しい内容が伝えられないので、いろいろなサイトを登録してみましたが、私は、

シュフティが一番使いやすいです。

私のサイトを見ていただいている中でも、自分はここの案件が合っているというのがあると思うんですね。最初は、どんな感じなのかがわからないので、複数サイトに登録することがおすすめですが、いくつかの案件をこなすようになったら、仕事に慣れるまでは、1つのサイトに絞って仕事を探した方が、収入を上げるためには効率がいいような気がします。

在宅で安定した収入を得るためには、まずは自分にはどこのサイトが合うのか、見つけてみましょう!

※自分のサイトの記事だったら、2,000文字(ちなみに今日の記事が2,000文字ちょっとです)くらいあっという間に書けるんですけどね~。

にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)