ライターの仕事ってこんな感じ

Pocket

こんにちは

ライターの仕事に興味はあるけど、実際にはどんな感じなの?と心配で応募できないという方のために、実際のお仕事の流れについてのお話をしようと思います。

書く記事を決める

私が今請け負っているサイトは、独自のサイトから自分の書きたい記事を選んで、書き始めるというスタイルです。

たくさんの案件の中から「タイトル」「文字数」「キーワード」がわかるようになっているので、その中から自分が書けそうだな、書きたいなと思う記事を受注します。ちなみに無理かも?と思ったら、受注破棄ができるのでちょっと楽です。

クライアントさんによっては、その都度、記事の内容、文字数、キーワードが連絡が来て、いつごろ納品できそうなのかを折り返し連絡するというパターンもあります。前はこのスタイルでやっていたので、いつ連絡が来るかわからなかったので、予定が立てられなくてけっこう大変でした。

見出しを考える

見出しというのは、この上の文字「見出しを考える」っていうのが「見出しです」私のこのブログだと、青く色のついている部分です。私が今請け負っているクライアントさんの案件は、この見出しがある程度決められています。そして、規定の見出しの数も決まっているので、最初の提示された見出しの数よりも規定の見出しの数の方がほとんどの場合多いので、足りない分は自分で作成していきます。

(※ちなみに、前のクライアントさんは、見出しは全部指定されていました。テストライティングだけやった方の中には、見出しもすべて自分で作成してくださいという方もいました。)

 

例えば、「LINEで告白するのってあり?LINEで告白する方法とは?」という記事を書くとします。規定の見出しの数が10で指定された見出しの数が5つあったとすると、残りの見出しを5つ考えます。

見出しを先に考えるのはなぜかというと、記事全体をどんな感じにまとめるかの骨組みを作るためです。LINEで告白するっていう内容で書こうとした場合、まず告白したい相手のLINEのIDを知っている人の場合と知らない場合では、知らなかったらまずLINEのIDをゲットする方法を書く必要があります。LINEのIDをゲットする方法を知らずに、いきなり具体的にどんな内容のLINEに書けばいいかという話を書いても、そもそもID知らない人にとってはぜんぜん魅力がない記事になってしまいますよね。

なので、タイトルからLINEのIDを知っている人の場合、知らない人の場合でどんなことを伝えるかということを考えながら、見出しを考えます。そして、告白したい相手は、知り合いなのか、知り合いじゃないのかでも変わってきますよね?そんな感じで、相手との関係性で細分化していきます。

誰をターゲットにするかを想定する

この記事の場合、想定される関係性を考えます。

1.友達関係がある。LINE IDを知っている関係

2.友達関係はある。LINE IDを知らない関係

3.自分は直接知り合いではないが、自分の友人が友達。友達が相手の子のLINE IDを知っている

4.相手と直接知り合いではない。もちろん、LINE IDは知らない。

 

相手との関係性でアプローチの仕方が変わるので、1のパターンの人向けの見出し、2のパターンの人向けの見出しのように、全体にどんな記事にしたいかのだいたいの流れを考えます。記事を書きながら、削除したり、足したりすることもあります。

記事タイトル、キーワードを元に内容をリサーチする

「キーワード」というのは、何かというとあなたが何かわからないことをネットで調べるときに、検索サイトに入力する文字のことだと思ってもらえればよいです。たとえば『バナナダイエット』のこと調べようと思ったら「バナナ ダイエット 効果」のように入力して調べますよね?この「バナナ」「ダイエット」「効果」がキーワードになります。クライアントさんによりこのキーワードについての指定の仕方や回数の使い方の指示が異なるのですが、指定されたキーワードで、まず情報を収集します。

検索サイトでこれらのキーワードを入力して、検索サイトの上位に表示される5つくらいの記事を別タブで開いて、記事全体の内容を読みます。その中の情報を見ながら、見出しの内容に合うように記事を作成していきます。見出しに合わせるために、見出しの言葉で検索して、情報を集めることもあります。先に見出しをある程度決めるのはこのためです。

コピペ厳禁!自分の言葉で記事を作る

当然ながら、コピペは厳禁です。依頼者は、チェックツールを使ってコピペチェックしてますので、コピペしてもばれます。文体は、「です、ます調」「ブログ調」「コラム」などの指定がありますので、指定にそった文章を作成します。「コラム」とは、軽い読み物といった感じのものです。雑誌などで、旅先のおすすめスポットを紹介しているような記事がありますが、体験談と硬めの記事の中間のようなイメージという感じでしょうか。

記事を作るときに注意することは、「思います」などのように、内容が断言できない表現を使わないようにすることです。

「ここのお料理は絶品です!見た目もきれいで、思わずその場でインスタにアップしてしまいました。しかも、食べてみると、味もお出汁の味が生かされていて繊細なのに、物足りなさは一切ありません」

「ここのお料理は絶品だと言われています。評判が気になっていたので実際に食べに来ました。評判どおり、お出汁の味が生かされていて繊細なのに、物足りなさは感じないかなと思いました」

 

2つの文章を比べると、力強く勧めてもらえると、気になるなとなりますが、最後が思いますで終わっていると、行ってみたいな~という気持ちが半減してしまいませんか?読んだ人が気になるな、行ってみたいな、食べてみたいなと思いたくなる文章にするためには、言い切りの文章にした方がいいなと感じませんか?

(例文がへたくそ過ぎ!雰囲気だけ感じてくださいませ)

 

あとは、クライアントさんの細かい指示がある場合がありますので、その指示に沿って記事を作成します。

画像が必要なクライアントさんの場合は、記事に合う画像を探す

記事のイメージに合う画像の挿入も依頼されることがあります。こういう場合は、フリーでかつ商用利用可の素材を探してきて、画像を挿入します。個人利用のみ可となっているサイトの画像を使ってしまいますと、規約違反になるので注意してくださいね。

素材を配布しているサイトではなく、人のホームページの素材を勝手に保存して使うのはNGなのでそういうことは絶対だめですよ。そして、最後にもう一度読み直して、記事を完成させます。

クライアントさんごとに指示の仕方が違うので、慣れるまではわからないことはすぐに確認する

ある程度同じクライアントさんの仕事を継続していると、こういう表現は直しが来るなとか、こういう文章は直しになるなとかわかるようになってくるのですが、新規のクライアントさんは、相手の好みというか、こんな感じの文章を求めているというのがわからないので、最初はかなり修正がきます。

でも、これは普通のことなので、めげなくて大丈夫です。指示の内容(表現)がよくわからなくて、何をどう直せばいいのかよくわからない人もいますので、わからない場合は、記事を再納品する前に確認をすることをおすすめします(確認してもよくわからなくて、納品したあとに逆切れされたこともありましたけど)

継続してくれるクライアントさんを作るために、まずここを乗り切る必要があります。

まとめ

お仕事が採用されても、クライアントさんが求めている文章がどんな感じなのかは、何本か記事を書いて修正がこないとわからないことが多いです。

けっこうダメ出しされるので、私には向いてないかも?とめげる人もいると思うのですが、これはだれもが通る道なので、もうちょっとだけ頑張ってみてください。文章にしてしまうと難しそうと思う人もいると思うのですが、「案ずるより産むが易し」やってみると、意外と大丈夫です。私も最初はめっちゃくちゃ自信なかったんですけど、1年続いてますしね。

 

ちなみにこのブログの文章が約3,500文字です。3,000文字ってこんなもの?って思いませんでしたか?私が3,000文字程度をおすすめてしている理由がこれです。

 

ライターはやってみたい、でも未経験だから怖い。ここが心配という方がいらっしゃいましたら、私のわかる範囲でよければ、お答えします。コメント欄でもいいですし、お問い合わせ欄にメールアドレスを入れてありますので、★を@に変えて、直接メールいただいても大丈夫です。

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

ライターの仕事ってこんな感じ” に対して 4 件のコメントがあります

  1. クレハ より:

    こんにちは!いつもブログに来ていただいてありがとうございます!クレハです。
    とても分かりやすいライティングの記事をありがとうございます。しっかり読ませていただきました。
    現在、度重なる差し戻しに心が折れかけていたのですが、もう少し頑張ってみます!またお邪魔させて下さい(*≧∀≦*)

    1. hanachan より:

      クレハさん

      こんにちは♪

      すでにライターデビューしているクレハさんにとっては、内容が参考になるかちょっと不安でしたけど、私も最初はめっちゃ差し戻しありましたし、新しいクライアントさんと意志の疎通ができなくて、キレられたりね。あなたが何言ってんのかわかんないよ!!って心の中で思ってました(笑)それで悪い評価付けられたし、ありえないって思ってましたよ。でもね、合わないなって思ったら、新しいクライアントさん見つけるのも「あり」だと思いますよ。

  2. ミズキ より:

    ライターとして改めて文章を書くことを意識できるようになった気がします。。

    ありがとうございました!!

    1. hanachan より:

      ミズキさん

      つたないブログに来ていただきましてありがとうございます。感謝です。

      私も、自分のブログのときもそうなのですが、画面の向こうにいる方を会話をするようにということを意識して書くようにしています。

      わからないことを調べる、ランキングサイトから来ていただいている方もそうなのですが、たくさんあるブログの中から時間を割いて読んでいただいているので、少しでもお役に立てる内容があれば、私もうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)