主婦のライター未経験者がライティングを始める5つのコツ!

Pocket

こんにちは

パソコンは、あんまり詳しくないけど、仕事をするなら少しは稼ぎたいと思って、いろいろ検索をして情報を探している人も多いんじゃないかな?と思います。ライターの仕事と言っても楽して稼ぎたい!と思っている人にとっては、あまり簡単じゃない人もいるかもしれませんが、少しでも稼ぎたい人のために初心者がライターの仕事を始めるための5つのコツをご紹介しますね。

1.得意なジャンルの記事を書けるお仕事を探す

webライターのお仕事は、例えばアフィリエイトのためにサイトを作っている人が、忙しくて更新できない時に代わりに記事を書いてもらう人を探している場合があります。こういう仕事の場合は、サイト運営者がどんなサイトを作っているかによって、記事の内容がどんどん変わっていくことがあります。

他には、まとめサイトのように、いろいろなジャンルの記事をたくさん書いてもらうライターさんを探していることがあります。こういったものは会社組織になっているところが募集していることが多いです。

記事の作成の仕事はしたことがないけど、記事を書く仕事に挑戦してみたいと思ったら、自分の得意なジャンルの記事を書くお仕事をまず見つけることから始めましょう。

前者の場合、ブログをいくつか運営している人は、ブログ単位でどんなことについてのサイトを運営しているかで記事の内容が決まります。

継続してお仕事をしていると、新サイトを立ち上げることによって、今までとまったく違う内容の記事の作成をすることもあります。こういう場合は、最初は得意分野だったけど、次に頼まれたものの知識はまったくない!ということもありえます。

ただ、何本か記事を書いたあとであれば対応ができるので、最初に応募する時は、自分の得意ジャンルの記事を書けるお仕事に応募しましょう。

2.まずは、あまり文字数の多くないものから始めましょう

文字数の多いものは、確かに単価も高いです。でも、記事を書く作業に慣れていないうちは、あまり文字数が多い記事を書こうとすると、完成までにものすごく時間がかかります。

最初の案件は、1,500文字~3,000文字程度のものから始めることがおすすめです。3,000文字というとけっこうな文字数な感じがしますが、3,000文字程度であれば、比較的簡単に書きあげることができます。

3.コピペにならないように類義語などで表現を変える

インターネットで調べた内容をリライトするときに、まったく同じ言葉にしてしまいますと、コピペになってしまいますね。こういった場合は、類義語を使ったり、文字の並び方を変えたりすることで、オリジナル文章を作成しましょう。

文字の並び方を変えると、必要な接続詞が変わるので、文章を変えることができます。

4.文章はなるべく簡潔に!1文は、2行以内にする

文章の作成に慣れないうちは、1つの文章が長くなってしまう傾向にあります。あまり1つの文章が長いと意味がわかりにくくなりますので、1つの文章は2行以内に収まるようにしましょう。また、依頼者は、なぜこの内容で仕事を依頼してきたのか、読者に何を伝えようとしているのかを考えて、文章を作ると良いと思います。

たまに、ネットで検索をしていて、この記事よさそうと思って読んだら、内容が薄くてがっかりしたことってありませんか?自分がこの記事を検索したとしたら、こんなことが知りたいんじゃないかな~という目線で文章を作ると、記事を検索してくれた人に必要な内容の記事を作成することができるんじゃないかな?と思います。

5.サイトを調べるときは、4~5のサイトの内容を確認する!

記事を書くために、いろいろなサイトを見て書くのですが、サイトを調べる時は、最低でも4~5のサイトは確認しましょう。人によっては、同じ内容の記事を書いていても視点が異なるため、内容がけっこう違います。

私の場合は、記事の中の項目でこんなこともあるんだ~と思ったときは、さらにその言葉だけで検索をして、別のサイトを調べて書くということをしています。サイトの中に書かれていた内容をさらに詳しく調べると、もうちょっと突っ込んだ記事が書けるので、これはけっこうおすすめな方法です。

記事は、客観的なものを求められる場合と、主観的なもの(自分の経験談など)を求められる場合で、内容がまったく異なります。

依頼者はどちらを求めているのかを確認してから記事を書かないと、修正になってしまうので、ここは注意が必要です。

まとめ

クラウドソーシングで記事の作成を募集しているサイトはいくつかありますが、自分に合う、合わないがあります。いくつかのサイトを登録して自分が得意な分野で書けるものが募集されているサイトをまず探してみましょう。

未経験のうちは、難しく感じるかもしれませんが、何本か書いているうちに、記事の書き方に慣れてきます。最初は時間がかかっていても、数をこなせばこなすほど、1本に書ける時間がどんどん短くなりますので、結果として時給に換算すると単価を上げることができますよ。

また、似たような内容は、最初は文章を変えるのが難しく感じるかもしれませんが、知識になってしまうと時間をかけて調べずに書けるようにもなります。記事の作成に慣れるまではある程度ジャンルを固定してしまうのもおすすめです。
にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)