ワークライフバランス

Pocket

こんにちは

 

今日は、「ワークライフバランス」というお話をしたいと思います。

私は、今の在宅ワークに至る前ではけっこう仕事人間だったと思います。仕事だけではなくて、自分に興味があることや、やらなければいけないことにはどっぷり浸かってしまい、周りが見えなくなる傾向があるのでやり過ぎてしまうというんでしょうか?

若かったからというか若気の至りで血の気が多かったというか、負けず嫌いというか…。

 

50歳を過ぎたからこそ思うのですが、仕事も大切ですが、特に私よりも若い世代の人たちには自分の生活も大切にしてほしいな~と思っています。

先日、「女性と出産」の話を書きましたが、会社の都合で妊娠するということに対して、いい顔されないという状況はとても悲しく思います。子どもの頃からの夢を叶えて、仕事にやりがいを持っている人が結婚をして、赤ちゃんができるということは本当に幸せなことなのに、いざ赤ちゃんができると「仕事」か「出産」のどちらかを選ばなくてはいけない時が来るのは悲しいな~と思うのです。

 

こんなことを言っている私も、部下を管理する立場だったときは、子どもさんの急な病気や学級閉鎖などで急に休みを取られてしまうと仕事が回らなくなってしまうので、仕事なのにな~お金もらってるじゃん、プロ意識ないの?って思ったことがあったので偉そうなことは言えません。

 

前に会社の研修で「赤字は悪」ということを言われていました。これは、会社として従業員を雇っている以上、会社が赤字になるということは、従業員を守ることができないという意味で言われた言葉です。つまり、従業員を守るためには、絶対赤字は解消する必要があるということです。

利益がなければお給料も支払えなくなってしまうので、利益を出すということは、社員を守るということでもあるんですね。

 

そして、経営者ではない中間管理職のつらいところは、従業員に対する人件費の金額が売上の○%以内などのように決まっていることがあります。これは何を意味しているかというと、利益が下がれば人件費に使える金額が減ってしまうので、出勤回数や時間を減らさなければならなくなるということなんです。

でも、働いている側からすると、今までよりもお給料が減ってしまったら死活問題になる人もいますよね?このはざまで心も身体もおかしくなってしまった時期がいっぱいありました。


こうなると、「ワークライフバランス」なんてことはどこへやら、とにかく売上をあげることに必死になって、いつのまにやら私の生活はほとんどが仕事を占めるようになりました。必死でやっても、さらに上の上司にはボロカスに言われますからどんどん心が病んでしまいました。

 

そんな経験を経て思うのは、自分の生活や自分の心は充実させないとだめだなってことです。自分の生活や自分の心が充実していれば、仕事だって頑張れます。逆に仕事が楽しい人は、仕事も楽しんで他のプライベートもさらに充実することだってできると思うんです。

 

在宅で仕事をする道を選んだとしても私みたいになっちゃったら、収入は増えても幸せじゃなくなっちゃうと思うんですね。だから、「仕事(お金)」か「生活」かじゃなくて、どっちも大切にしてほしいな~って心から思います。どっちかを諦めるっていう考え方じゃなくて、両方充実させるためにはどうしたらいいか?っていう発想が大切だということです。

私がこれで失敗してきたので、どっちかを諦めなくちゃいけないっていう発想じゃなくてどっちも諦めない、どっちも大切っていう発想に切り替えてほしいな~と思います。

 

私が「だって仕事でしょ?」っていう発想を持っていたように、こういう考え方の上司っていっぱいいます。だから、プライベートを大切にしたいっていうと何を甘えたことを言ってるの?って思われることが普通なんじゃないかと思うんです。でも現実問題として、こういう考え方ってずっと根付いてきてしまっているので、どっちも大切にしなさいと言ってくれる会社はまだまだ少ないのが現状です。

 

これを変えるならば、どっちも大切にしなさいって言ってくれる会社を見つけるか、自分で行動を起こすことが大切なんじゃないかな?って気がします。

このブログもランキングサイトから来ていただいている方がたくさんいらっしゃるのですが、私が登録している「SOHO・在宅ワーク」のカテゴリーで登録されている他の方のブログを見ると、本当にみなさん様々な形で仕事をされていて、今が楽しい、幸せになったっていう方がたくさんいます。

 

つまり、両方を得ることはわがままなことじゃないし、できないことでもないっていうことを教えてもらっている気がします。

 

自分にとっての幸せな仕事の仕方や自分にとっての幸せはみんな違うので、外で働けるのが幸せという人も正解ですし、在宅で家事もしっかりやりながら、収入を得るのが幸せというのも正解ですし、自分で仕事を始めてやりたいことをやるというのも正解です。

じゃあ何が不正解なのか?

私が思う不正解は、自分がつらいのに無理をして我慢している時だと思います。

 

仕事をしていてつらいと思った時に、「仕事を続ける方がつらいのか」「仕事を辞めてお金がなくなるかも?という不安の方がつらいのか」と考えた時に、前者であれば辞めるのが正解だと思います。

後者であれば、なるべくつらくなくなる仕事の仕方を考えていくことが大切だと思います。お金の不安を抱えたまま辞めてしまうと、それもつらくなってしまうから。でも、お金の不安は、たとえば失業保険をもらっている間につらくないお仕事を見つけることもできますし、家族に協力をお願いすることもできるかもしれません。

解決する方法は必ずあります。

 

このブログを読んでいただいている方の中で、仕事のために何かを諦めなくちゃいけないって思っていた人がいたら、どっちも諦めないという気持ちでお仕事を探してほしいな~って思います。

仕事も生活もどっちも大切で、どっちも諦めちゃいけないってことですね。そして、このワークライフバランスという言葉だけが使われるんじゃなくて、みんながどっちも大切にしなくちゃいけないってことに気がついて生活ができるようになればいいな~。

私も気がついたのは遅かったですけど、今からでも諦めません!(笑)

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

ワークライフバランス” に対して 4 件のコメントがあります

  1. Manohiro より:

    Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    >ワークライフバランス

    本当に大事です。

    常に、先々を考えて、

    計画とタイムスケジュールが一体で、

    必ず、チェックしていく必要があります。

    手遅れで、後手後手になると、

    目的達成にムリがかかり、

    ワークバランスが崩れる恐れがあります。

    1. hanachan より:

      Manohiroさん

      仕事のために生活を犠牲にするのが当たり前という考え方は怖いですよね。仕事と生活は両方があって成り立つもので、選ぶものではないっていうことに気がつくまでに私はだいぶ遠回しをしてしまった気がします。

      計画とチェックも大切ですね。私は、イレギュラーの対応がへたくそでやらなきゃいけないことが重なってしまうとテンパっていたので、よけい心が疲弊していた気がします。今は自分の仕事と生活だけをコントロールすればいいので気が楽ですけど…。この歳になっても常に勉強ですね。

  2. いくっち より:

    こんばんわ!
    ランキングから訪問させていただきました。
    「仕事(お金)」「生活」このバランス、
    ほんとに大切ですよね。
    どちらも諦めないで、進んでいきます。
    ありがとうございます。

    1. hanachan より:

      いくっちさん

      つたないサイトにお越しいただきましてありがとうございます。感謝です。
      私は、仕事(お金)と生活両方大切っていうことに気がつくまでにだいぶ遠回りをしてしまいました~。
      でも、気がついた今から両方諦めずに欲張りに生きていこうと思います♪いくっちさんもいっぱい欲張りになってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)