web応募率が増えている?電話とwebどっちがいいの?採用側の本音とは?

Pocket

こんにちは

 

前回の記事で娘がインディードというサイトから応募した話を書きましたが、電話応募とweb応募ってどっちがいいの?電話で直接電話したほうが採用されやすい?など疑問に思う人もいるかもしれませんね。

私が以前勤めていた会社で応募者を募集する際は、すべての応募をインターネットでお願いしていました。電話が苦手な人にとっては、web応募は緊張せずに応募することができるので便利ですよね?

そこで、インターネットで応募してもらっていた採用側の本音からweb応募のメリットやデメリットについてお話してみたいと思います。

応募する側のweb応募の最大のメリットは、この仕事が気になるという仕事を見つけたときに時間を気にすることなく、いつでも応募できるということですね。web応募のしくみはどうなっているかというと、求人サイトのweb応募をクリックして必要事項を記入して応募のボタンを押してもらうと、求人を募集している会社にその情報がメールで届きます。

内容を確認して、採用担当者が応募者に連絡するという流れになっています。

人気のあるお仕事は倍率も高くなりますし、いい人が見つかってしまうと募集期間内であっても募集が終了してしまうこともあるので、気になるなと思ったら、躊躇せずにすぐに連絡することが希望の仕事をGETしやすくするコツといえると思います。

そして、もうひとつのメリットが応募はwebからなので、電話をかけるときにドキドキを体験せずに応募できるということ。通常は、webから応募した場合は担当者から電話またはメールで返信が来ますので、応募した人が先に電話をしなくても済むんですね。

電話が相手からかかってくるので、心の準備もしやすいですし、必要なことは相手の方から話してくれるので、電話がかかってきても、自分から電話をするよりも少し緊張せずに話ができると思います。

 

デメリットは、担当者と連絡が取れるまでに時間がかかる可能性があるということ。電話だったら、その場ですぐに応募したいと伝えることができますが、web応募の場合担当者からの連絡待ちになってしまうので、いつ連絡がくるかわからないということがあります。

最悪の場合、メールを見落とされてしまって、しばらく連絡がないということもあります。

電話とweb応募で採用に「差」があるのかというと、応募の方法で採用に差が出ることはありません。

履歴書を確認し、面接をして採用の可否を決めているので、電話でも問題ないですし、web応募ができるのであればweb応募をしても大丈夫です。

 

採用する側の立場でいうと、なぜ最近web応募ができる会社が増えているかというと、電話の場合、電話がかかってきたときにそのときやっていた業務を中断して対応しなければいけないのですが、web応募の場合は、自分の都合がいいときにメールをチェックすることができるという点です。

メールの振り分け機能を使えば、応募用のメールアドレスにメールを集めておくことができるのも便利な点の1つです。ただし、あとでメールを返信しないと~と思いながら、うっかり忘れてしまうなんてこともありましたので、しばらく何の連絡もなかったときは、電話などで応募者側から連絡することがおすすめです。

 

求人情報に関してお答えすると、私の会社では3つの方法で応募していました。

1つは、店内に直接スタッフ募集の張り紙をすること。これは、見たことがある人も多いと思います。

2つめは、ハローワークに求人を出すこと。

3つめは、無料の求人誌(掲載側の企業は掲載料を支払っていますが)に掲載すること。

求人誌もいくつかありますが、全部の媒体にお願いをしているわけではないので、仕事を探すときはいろんな媒体で情報を集めることをお勧めしたいと思います。

娘が使ったインディードは各媒体の求人情報を掲載しているので、このサイトだけで今ご紹介した媒体の求人情報を集めることが可能なので、見たことがないという人は一度見て見るといいと思いますよ。

 

私がいたところでは、基本的にハローワークに求人を出していた場合もハローワークから電話があったときに、自分の会社のホームページから応募してもらっていました。

その情報が本社に集まるので、そのあと本部から各教室に情報が来て対応する形になっていました。

応募の状況は、本社も把握していたので、応募者に対して連絡をしたか、採用の可否を連絡しなければいけなかったので、うっかり忘れていると本社から連絡がきていたので、完全に連絡を忘れてしまうという失態はせずに済んでいました。

 

サービス業だったので、ゆっくり電話対応が難しい時間帯もありましたので、私個人としてはweb応募をしていただいたほうが対応が楽だったです。

あと、web応募のメリットは、すぐに連絡をしてくれる会社は対応がいい会社という判断ができるかもしれません。ぜんぜん連絡がこないということは、メールなどをチェックをしていない可能性もありますし、連絡するという作業を怠るということは応募してくれる人に対して失礼ですしね。

これから働くかもしれない会社なので、応募する側が入社する前に会社の対応を判断するという意味でもweb応募はいいかもしれませんよ。

 

在宅のお仕事じゃなくて、外でのパートを希望している人は参考にしてみてくださいね。

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)