内側にいるか外に出るかを決めているのは自分?

Pocket

こんにちは

 

昨日は、なんとなく何かに導かれるように結局映画を見に行きました。

『ちはやふる』です。原作マンガだし、出演者も若い子ばっかりなので、休日は恥ずかしくていけないな~って思っていたんですけど、昨日は平日でしたからね。学生さんいないし…。(笑)


「上の句」「下の句」も両方見ていたので、なんとなく気になっていたので、思わず見てきちゃいました。

その中のセリフにあったのが、「線の内側にとどまるか、線の外に出るのか決めているのは自分(ニュアンス)」っていう言葉です。自分にとって難しいって思っていることに挑戦するのは、誰にもが不安で、線の内側にとどまっていた方が安心できるというか、自分を守れるというか…。これって誰もが抱く普通の感情なんだな~って。

 

そして、1,000年も前に作られた言葉(百人一首)が、現代の人に言葉として受け継がれているのが、すごいことだな~と改めて思ってしまいました。これもセリフの中にそんな意味の言葉が出てくるんですよね。1,000年ってすごいですよね?あまりにも膨大な時間すぎて想像することすらできないです。

 

1,000年前に作った歌人は、こんなに後世まで受け継がれていくなんて想像もできなかったんでしょうね。そういう意味では、自分の頭で想像できることなんてちっぽけだし、もしかしたら、自分の想像以上のことだってできるんじゃないかっていう勇気をもらって帰ってきました。いわゆる青春映画でこんなこと思いながら映画見ている人はいないでしょうね(笑)

 

でも、自分に必要な言葉って外の看板だったり、何気なく聞いていた音楽の歌詞だったり、好きなタレントさんの言葉だったり、そういうものから入ってくるというのは信じていて、迷いのある私に前に進みなさいっていうメッセージを送るために、映画に行きたくなったのかな?なんてことを思いながら、ぼぉ~っと映画を見てました。

 

そして、1本の映画を作り上げるために、1人、1人の気合いがすごいんだろうな~っていうものも感じました。スクリーンが大きいせいか、なんとなく作品にかける気持ちみたいなものも一緒に感じられる気がします。

 

映画を作るという仕事が好きでやりたいって思ってやっているんだと思うんですけど、仕事にしてしまうと、楽しいことばっかりじゃないっていうのはどんな世界も一緒なんですよね。若い世代の子たちの頑張っている姿は、なんか勇気をもらいました。

そして、さすがレディスデイで昨日は、女性が本当に多かったです。そして、平日の映画館ってめっちゃさみしい~。近くにある唯一の映画館なので、なくならないでいてほしい。

 

女性って結婚して、子どもを産んでそこからなが~い子育てが始まりますよね。子育てが始まってから、途中で仕事もまた始めたりしたので、自分の時間を楽しむっていう余裕がまったくなくて、ただただ必死で毎日を過ごしてきたのですが、ここにきて精神的にはゆとりができてきたので、1人映画も1人コンサートもできるようになりました。

 

できないって思ってたことができるようになって思うのは、「自分でできないって決めつけて、内側にとどまろうとしていたのは、自分なんだろうな~」っていうことです。

それを教えてくれたのは娘です。

 

周りの人の言葉とか、自分の経験で自分にできる、できないを自分で決めつけてしまい、内側から外側に一歩踏み出すことを躊躇してしまう。でも、映画を見てきて感じたのは、こういう心の葛藤をしながら、最終的に自分で決断をして行動を起こしたときに初めて奇跡が起こせるのかもしれないってことです。

 

簡単に決断できることは、そんなにパワーもエネルギーも必要ないですけど、すっごく悩んで、葛藤して、不安になって、それでもやるって決めたときのパワーってたぶんすごくて、これだけのエネルギーを使ったからこそやっと外に出られるってことなのかもしれないですね。

 

在宅のお仕事もそうだと思うんですよ。在宅ワーカーってうさんくさいし、詐欺とかもありそうだし、騙されるのは怖いし、どうしようって最初は誰もが不安になったり、躊躇したりすると思います。これは、ある意味自分を守るための正常は反応です。

これならいける!っていう直観を信じて、一歩踏み出して行動するかしないかでたぶん、自分の生活って自分の思い描く世界に近づいていくのかもしれないなって思います。逆にいうと、勇気を出して行動した人だけが幸運をつかめるってことなんだろうな。

 

中には、自分の直観を常に信じていて何の躊躇もなく行動出来る人もいると思うんです。そうなれたら、もっと人生楽しく生きられるのかもしれないな~。シンプルに考えて、シンプルに行動するってことですね。行動するのに理由はいらないってことですね。

 

「ちはやふる」でここまで考えながら映画を見ている自分に退くわ~(笑)昨日楽しんできましたからね、今日はお仕事頑張ろう~。

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

内側にいるか外に出るかを決めているのは自分?” に対して 4 件のコメントがあります

  1. tonton♪ より:

    こんにちは。
    仰る通りですね。
    勇気と行動力が自分の人生を大きく変えますよね。
    出来ないと決めつけないで色々な事にチェレンジしたいと思います。

    1. hanachan より:

      tonton♪さん

      仕事の時は瞬時に決断するし、躊躇せずにとりあえずやってみてだめなら軌道修正するっていうタイプなんですが、自分のことになるとめっちゃ動けなくなってしまうだめだめなところがあります(笑)
      1人映画に行けるようになって、1人コンサートも体験して、なんだやればできるんだってことに気付きました。(規模小っちゃ(笑))
      今はやってみたいな~と思ったことは、やれるように調整してみようって思えるようになったのは大きな進歩だと思います。

  2. ゆりりん より:

    こんにちは、はなちゃん。
    また訪問しました。
    ちはやふる最高に面白いですね。娘達と笑いながらみてました。
    自慢ではないですが、百人一首すべて暗記しました。
    大会学校ですが、出ましたよ。
    応援ポチッと押しました。

    1. hanachan より:

      ゆりりんさん

      こんにちは。「ちはやふる」楽しかったですよ。原田先生と周防さんの言葉が深かったですね~。まっけんの告白に対する瞬殺シーンはめっちゃ笑えました。
      あれだけ潔く言われたら悲しいとかショックっていう感情も湧きあがってこないかも?(笑)百人一首覚えたんですね。すご~い。
      私は3つくらいですかね。上の句だけで取れた札は(笑)競技かるたになるともはや格闘技ですよね。かるたのシーン、めっちゃ好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)