小技:コピペのお仕事をするなら、テキストエディタを活用しましょう

Pocket

こんにちは

 

今日は、コピペのお仕事に便利なテキストエディタを活用しましょうというお話をしたいと思います。パソコンに詳しい人はスル―してくださいね。

 

まず、はじめにテキストエディタって何?という説明をします。
Windowsのパソコンを使っている人であれば、メモ帳というソフトがあるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。メモ帳もテキストエディタの1つです。私は、普段Emeditorというテキストエディタを使っています。

これは、文字通り文字などの入力に特化した文字を入力するソフトのことです。例えば、文字を入力するソフトにワードがありますね。これは、書類などを作るのに適しているソフトなので、文字を大きくしたり、色を変えたり、写真を入れたり、イラストを入れたりいろいろなことをすることができます。

いわゆるテキストエディタと呼ばれているものは、こういった文字などの装飾ができない文字を入力するソフトをいいます。

 

コピペの作業をするときは、この文字が装飾できないことを利用したいのです。

データ入力などで、指定されたホームページの指定箇所の文章をコピペするというお仕事があるのですが、ホームページに入力されているものは、文字をわかりやすくしたり、見やすいデザインにするために、書式を変えたり、色を付けたり、文字を大きくしたり、斜体にしたりといった装飾がされている場合があります。

こういった装飾のある文字をそのまま別の画面にコピペしてしまいますと、装飾された書式も一緒にコピーされてしまいます。

 

これを例えば、表になっている場所に1つづつ貼り付けていくと、文字の大きさがバラバラになったり、色がついているものがあったり、フォントの種類もまちまちになってしまうので、一覧にすると非常に見づらいものが完成してしまいます。

書式を直さなくても、特に修正してくださいと言われることはなかったようでしたが(以前私がやっていたときに、他の方の中にいろんな書式のまま、データを貼り付けている人が大勢いました)自分でデータの入力に間違いがないか確認するときも、大きさやフォントが違うと非常に見づらいと思います。

 

そこで活躍するのが、テキストエディタです。

ホームページで必要な個所をコピーしたら、一度テキストエディタに貼り付けます。
こうすることで、設定されていた書式がなくなります。そして、書式が削除された文字をもう一度コピーしなおして、指示された箇所に貼り付けをすると、すべての文字が同じ書式で統一されます。

データもきれいになりますし、自分もチェックしやすくなります。

あとで一気に書式の替える方法を知っている人は、逆に手間がかかりますが、このようなデータ入力は、エクセルシートやスプレッドシートに入力することが多いので、エクセルを使い慣れていない人は、この方法もおすすめです。

 

私が使っているEmエディタは無料でダウンロードできるものなのですが、一度のいくつかのタブを開くことができるので、いくつかのデータをコピペしておいて、データを比較したり、いつも使う同じ文字をコピペしておいて、それを何回も使いたいというときに重宝しています。

他にもwebライターのお仕事でテキストで納品してくださいと言われることがあります。これは、ワードなどではなく、テキストエディタで納品してくださいという意味です。

 

テキストエディタの種類を指定されることはないので、自分の使いやすいテキストエディタを使えば大丈夫です。
コピペのお仕事を考えている人は、覚えておくと便利ですよ。

 

にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)