新案件獲得に向けて奮闘中

Pocket

こんにちは

 

今日は、春のような陽気で暖かいです。

 

今、1つのクライアントさんが1か月に書ける記事数に制限があって、一気に収入が減ってしまったので、思い切って新しい案件に応募してみました。

一応、お仕事をお願いしたいとのお返事をいただいたのですが、1記事目はテストライティングになるということで、詳細をお聞きして準備を始めたところです。

クライアントさんが変わると求められることが違うので、本採用になってある程度書き方に慣れてくるまで時間もかかるし、疲れます。今、ようやく記事の見出し作りが完成して、返事待ちの状態です。

 

早めに採用、不採用の結果がわかるようにと思ったので、昨日は夜遅くまで頑張ってしまったので、朝寝坊してしまいました。お弁当卒業宣言をしたので、娘はいつもどおり勝手に自分でお弁当を作って、朝ご飯をたべて出かけていきましたけど…。

今回応募した案件は、文字単価がわりとよくて、ここが決まると収入的にかなり楽になれそうなので、なんとか採用してもらえるように頑張ってます。

ライティングは、文字が入力できれば特に資格がなくてもすぐに始められるので、主婦にとってはありがたいお仕事なんですが、誰かにとって有意義になる記事を簡潔にわかりやすく書くというのは、けっこう大変です。

私も、今までのクライアントさんから修正の指示を何度も何度も経験して注意して書いているのですが、それでもダメ出しされることもあります。

修正がないクライアントさんはほとんどないので、好みとか方向性みたいなのが合う、合わないというのもあるのかもしれませんね。

 

今まで経験してきて、文字単価の安い案件には手を出さない!って決めると、なかなかこれは!というお仕事に巡り合えない状況が続いていたんですけど、たまたま目に入った案件が比較的単価がよかったので、応募してみました。

単価が高い案件を見つけたときは、即応募しないとすぐに決まってしまうので、すぐに行動した方がいいと思います。

最初は、うまくいかなくて修正が多かったとしても修正を繰り返しているうちに慣れてくるので、やり切るという決意さえあればなんとかなると思います。

 

案件の初めの頃は、慣れていないので頭も気も使うので疲れますけどね~。久しぶりに新規案件のライティングの準備をして疲れました(笑)

ネットニュースでコンビニオーナーが24時間営業が続けるのが厳しいというものをみました。世の中h、働き方改革といわれるようになって、給料や、休みの取り方について改革が期待されていますが、在宅ワークを含めて自営業は、自分の身は自分で守らないといけないというのがつらいですよね。

私もサービス業の経験があるので、このオーナーさんの苦悩はとてもよくわかります。求人広告を出しても、土日とか夜とか勤務してくれる人を見つけるのって本当に大変なんですね。特にコンビニの場合は24時間営業ですし、深夜帯は給与もたくさん支払わないといけないですし、24時間、365日お店を開け続けなければいけないというのは、本当に大変だと思います。

 

フランチャイズなので、他のお店は24時間営業なのに、同じ看板を上げているのにどこかの店舗だけ営業時間を短くするというのは確かに大変なのかもしれないですけど、夫婦で営業されている方が配偶者を亡くしてしまったなど、開店当時とは状況が変わったときは何らかの救済措置があるといいのになと個人的には感じました。

私が働いていたところも、私が辞めてから夜とか土日とか勤務してくれる人がなかなかいなかったせいなのかはわからないですけど、大幅に営業時間が短縮されていました。私のときは、フルで頑張ってたんだけどな~って思ったんですけど、それを許してもらえるくらい大変な状況だと言えるのかもしれないですね。

話が脱線してしまいました(笑)

新規案件の行方はどうなるでしょう?

とりあえず、本採用してもらえるように全力でがんばろ~!

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)