在宅ワークに採用されるコツ?

Pocket

こんにちは

今日も久々に連投です。

先日新しい案件の応募してみたお話を書きましたが、本日その結果を書きたいと思います。
結果からお伝えすると、とりあえずテスト案件を書かせてもらえることになりました。ということで、お仕事の受注はいただけたということです。この案件次第でこれで終わるか、継続になるか…ですね。

朝の記事でお伝えしましたが、シュフティのサイトが大幅リニューアルされてしまったので、どれくらいの方が応募して、テスト案件までたどり着けたのかはわからないのですが、クライアント様のお返事から応募するときにこんなことを書くと良いのかな?と感じたことをお伝えしてみようと思います。

シュフティは、仕事を請け負うまでワーカーさんの個人情報(名前やスカイプのIDなど)を聞いてはいけないことになっているので、最初に募集の内容を見て興味がありましたので応募させていただきましたということを書きました。

次に、今は在宅でライターをしていて、今までにこんな記事の執筆経験があるという内容を書きました。

あとは、なぜ在宅で仕事をしているのかという理由、仕事に充てられる時間帯などを書きました。クライアントさんの知りたいことは、なぜ在宅で仕事をしているのかなどの理由や仕事の環境などがわかると仕事を頼みやすいのかもしれません。(採用していただいたお返事にそのように書いてありました)

 

競争率の高そうな案件は、プラス今までの経験や実績なども積極的に書くと良いのではないかな?と思います。

最近のクライアントさんの募集内容を見ていて思うのですが、無理をしないようにご相談させていただきますということを書いてくださっている方がたくさんいます。こちらの状況も伝えながら、お互いに良い形で仕事ができるように、できるだけこちらの状況も伝えておくのが無理をしないで長くお仕事ができるコツだと考えている方が多いような気がします。

 

パソコンがこれだけ普及しても、パソコンのスキルの差もいろいろあると思いますし、在宅で仕事をしたいと考える理由もひとそれぞれだと思います。プライベートをすべてさらけ出す必要なないと思いますが、ある程度状況を理解してもらった上で仕事を探すのが良いのかな?と思っています。

 

今回の案件は、自分の想像をちょっと超えてしまっていて、下調べに時間がかかりそうですが、知らないことを知るのは嫌いではないので、継続してもらえるように頑張ってみようと思っています。運もあるのかもしれませんが、最近キチンとしたクライアントさんに出会うことができているので、安定してお仕事の継続ができるようになりました。

 

最初は、音信不通になったり、突然仕事が終了してしまったり、意志の疎通ができなかったり大変なこともたくさんあったのですが、そういったトラブルに巻き込まれなくなってきたのもありがたいな~と思います。

 

外で仕事をするのが難しいという人はたくさんいると思うんですね。

だから、私の失敗を見て、あなたは最初から在宅ワークを軌道に乗せてもらえるとうれしいな~と思うので、成功体験だけじゃなくて、積極的に失敗談も伝えていけたらと思っています。

 

今日は、昨日頑張ったのでおやすみデーにしてしまったので、また明日から頑張りま~す!

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)