自分の望みをどれくらいの思いで叶えたいって思ってる?

Pocket

こんにちは

台風接近中で、会社や学校がおやすみになったところも多いみたいですね。

私は、自宅が職場なので、今日はお出かけはしないで記事書きの精を出す予定です。

 

今日は、問題が解決できないときは、本気度か足りないだけ?というお話をシェアしたいと思います。

 

パソコンの調子が悪くてWindows10に乗り換えたというお話を以前に書いたことがありましたが、そのWindows10にまつわるお話です。

 

今は修正に成功したのですが、Windows10を使い始めたときに、画面の文字が変だったんですよ。

ワードを開いても、ブラウザを開いても、文字が表示されるものすべての文字がにじんでいるみたいな感じでギザギザしていて、とにかく気持ち悪くて、読みにくいんです。

Windows10のベースのフォントが変わったことは知っていたんですけど、フォントが云々という理由ではなくて、タスクバーの文字とかもとにかくパソコンに表示されるすべての文字がにじんでるんです。

最初は直すのが面倒だったので、そのうち慣れるかも?と思って使っていたんですけど、パソコンを開くたびに気持ち悪くて、ネットで情報がないか探してみたら、やっぱり同じように悩んでいる人がいたんですね。

 

これってパソコンのメーカーに依存されてるわけじゃなくて(国産じゃないパソコンを使ってるからかな?って思ったりもしていたので)、OSの問題なんだってことがわかったので、親切に解説してくださっている方のページを見ながら、そのとおりにやったんですけど、まったく改善されなかったんです。

 

え~~~やっぱだめなの?と思って、それでそのときは諦めちゃったんです。パソコンが使えないわけじゃなかったから。

しばらくして娘が「お母さん、パソコンも文字直ったの?」って聞くので、直ってないって答えたら、「やっぱりな~。お母さん、気持ち悪いっていいながら本気でなんとかしようって感じしなかったから、絶対直ってないと思った」っていわれたんです。

一応、いろいろ試してはみたのさ。私も…(と、心の中でちょっと反論)

でも、本気でなんとかしてないって言葉が胸にグサっと突き刺さったわけですよ。なんか、すべてお見通しだよ~って言われた気もしたし、確かに本気で直そうって思ってなかったかもしれないな~って。

このままパソコン使い続けるのストレスだし、やっぱ直したいって思ったので、一生懸命調べましたよ。今度は本気で…。

いろいろ探して試した結果。今度はちゃんと直すことに成功しました。そして、思ったわけです。

手を抜いてやった行動は、手をに抜いた結果しか返ってこないけど、頑張った行動には頑張った結果が返ってくるんだなって…。

 

考えてみると、仕事に関しては手を抜くのが嫌いだったから、どんなに無理しても頑張ったし、最初は無理だって思うことも簡単には諦めなかったし、やってもやっても全然無理でも、どうしたらできるかってことだけを意識して仕事をしていた気がします。

この記事のとおりのことをまさしく無意識で実践していたんですね。

 

でも、今回は直ればラッキー!だめならしょうがないかって考えながら直そうとしていたら、だめならしょうがないかの結果になっちゃったんですね。本気度が足りなかったってことです。

執着は自分を苦しめることにもなるけど、絶対やるっていう本気度っていうか覚悟があると、結果も変わるんだなって思ったんですね。

実際の出来事はこんな些細なことだったけど、そんなことを感じたので今日は、シェアしてみようと思ってお話してみました。

 

なんかうまくいかないな~とか、いい結果につながらないな~って思ったときは、ちょっとだけ自分はどれくらいそれが叶うことを望んでる?って考えてみるといいかもしれません。もしかしたら、私みたいに本気度が足りないだけかもしれませんよ。

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)