周りの人が無駄って思えることだって自分にとっては無駄じゃない

Pocket

こんにちは

 

本日2回目の登場です(笑)

 

またまた娘ネタなんですけど、彼女が出勤前にブログのネタを提供してくれるからついつい連投しちゃいます(笑)まぁ、彼女はネタにされていることは知りませんけどね。

 

私は、心がしんどくなったり、記事を書いているときに文章がなかなか浮かんでこないときは、動画サイトをめっちゃ見てます。そして、気がつくとあ~あこんな時間ってことも多々あります。

そんな話をしていたら、時間の無駄じゃん!!と娘に一言言われました。

彼女は合理主義というか、だんなに似ているというか、たとえばどこかに出かけるときは、お金を安くして「高速バス」で行くか時間を短縮して「新幹線」で行くか(ちなみに新幹線は高速バスの2倍の料金です)となったら、迷わず「新幹線」を選ぶタイプです。

 

私は時間に制約がないなら、「高速バス」を選びます。移動中にぼお~っとできるのも私には貴重なことだし、浮いた交通費を別なことに使いたいって考えてしまうんですよね(貧乏性なんですかね)

娘は、金銭的に余裕があるなら断然「新幹線」なんですよね。移動の時間がもったいないっていうのか口ぐせです。主人も同じことを言います。この2人は時間をお金で買うタイプですね。

 

私は時間があるなら、その中でできることをしようとするタイプです。ある意味、移動時間は(周りに人はいますけど)1人だけの時間が使える時間なので、敢えて1人になる時間を作り出したいというか…。たぶん、これは普段家族の面倒を見ているという主婦だからこその発想なのかもしれませんね。

 

私にとって、時間を無駄にできるというか、時間を自分だけのために使えるっていう行為こそが贅沢で、今まで子どもたちが学生だった頃は、仕事をして、ちょっとだけ家事をして、とにかくしょっちゅう時計とにらめっこしながら、何かをやるということが何年も続いたんですね。何時までにこれを終わらせないと迎えが間に合わないとか、何時までにあれをやってこれをやってってそんなことばっかり考えて行動してました。

 

だから、逆に何も考えずに時間も気にせずに昔のドラマを見たり、笑える動画を見たり、ぼ~っと音楽を聞いてたりっていう時間が贅沢なんですよ。

だけど、娘から見ると、意味のない行動は無駄な時間に感じてしまうんですよね。

 

たまに、今日は天気がいいし、気分転換にでかけよ~って思っても結局すぐに家に帰ってきてしまいます(笑)

 

何を伝えたかったかというと、自分以外の人がそれは無駄とかそれは無理とかもったいないとか言った言葉は、気にしないで、自分のやりたいことをやりたいようにやるのが1番ですよっていうことです。

 

だって、「価値」はその人が決めることだから。たとえば、車に興味がまったくない人に何千万もする高級車をプレゼントしても、ぜんぜんうれしくないし、価値なんて認められないですよね。

 

でも、この人の本めっちゃ読みたいけどみつからな~いって探していた時にプレゼントされたら、1,000円だったとしてもそれはめちゃくちゃうれしいし、その方が何千万の車より「価値」があるってことじゃないですか?それと同じで、一般的には価値がないとか無駄とか無理とか言われることだって、それに反応してやめちゃう必要はまったくないってことです。

 

自分の人生ですもん。自分が楽しいと思えれば、責任のない他の人の言葉の方がよっぽど意味がないものです。

 

なんてね、偉そうに語っちゃってますけど、ちょっと前までの私は、周りの人の言葉で一喜一憂してましたね。認められればうれしいし、けなされれば落ち込むし…。

だけど、「時間」とか「物」だけじゃなくて、自分の価値だって自分が決めてしまえば少しづつ周りの言葉が気にならなくなってくるってことなんですよね。まぁとはいいながら人間ですから、目の前で悪口言われたり、否定されたら、めっちゃへこんじゃうんですけどね。

ここに関してはまだまだ修行の身であります。(笑)

いかに自分が楽しんで生きるかってことが幸せってことなのかもしれませんね。

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)