まずは『MOS試験』のワードのスペシャリストレベルの合格をめざそう!

Pocket

こんにちは

今回は、「MOS試験」のWordスペシャリストレベルを独学で勉強する方法についてご紹介します。

この記事を読む前に、まずは『MOS試験』もめざしてみましょう!読んでみてくださいね。
前の記事を理解していただいているということは、この記事を読んでいただいている方は、Wordの基本操作はできるようになっていると思います。

 

おすすめの対策用のテキストは、FOM出版のテキストです。

Microsoft Office Specialist Microsoft Word2013対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

Microsoft Office Specialist Microsoft Word2016対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

ご自分の使ったいるパソコンにインストールされているワードと同じバージョンのテキストを購入してください。

自分のパソコンに入っているワードと同じバージョンのものを購入しないと、模擬試験が
動作しないので、間違えないように注意してください。

このテキストは、前半は、ワードの試験範囲になっている機能の説明と練習問題が記載されています。

練習問題を操作しながら、解説を読んでいきましょう。このとき必ずWordで実際の操作を確認するようにしてください。操作がわからない場合は、何度か説明を読んで操作をしていると理解できるようになります。

このように、本文を読み、練習問題をこなしながら、最後まで学習してください。


この問題集には、模擬試験ができるCD-ROMが付属されています。すべての学習が終わったら、模擬試験にチャレンジしてみましょう。最初は、実際に学習した部分を忘れていることも多いので、時間が足りない場合や、合格点が取れない場合がほとんどです。模擬試験は何パターンか収録されているので、答えを確認せずに時間内で終了し、合格点が出るようになったら、次の模擬試験にチャレンジするようにしましょう。

最後のパターンまでの学習が終わったら、模擬試験のランダムを選んでみてください。
今までの模擬試験のパターンの問題がランダムに表示された試験がやることができます。

実際の試験は、お住まいの近くにあるパソコン教室などで受験することができます。
パソコン教室によって試験開催日や、試験可能なワードのバージョンが異なりますので、必ず確認してから、申し込みを行ってください。

MOS試験は、履歴書に書ける試験です。資格が取れるくらいに学習することで、外で働きたいと思ったときにも役に立ちますし、在宅ワークの仕事の幅を広げることもできますので、資格を持っていないという人はぜひチャレンジしてみてください。

 

Wordのエキスパート、エクセル、パワーポイント、アクセスについての勉強の仕方も順次公開していきますね。

 

にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)