お金とは労働の対価ではなく問題を解決した人にやってくるもの?

Pocket

こんにちは

 

今日も朝から暑いです。そして、今日は、新しいスタイルで記事を書く仕事もスタートしました。本来のライターってたぶん、これが普通のスタイルなんだと思います。そしたら、頼む方は格段に楽になるはずですからね。

初心者でもOKですっていう案件は、確かに至れり尽くせりだったんだなぁと改めて思います。

でも、ライターやってみたい、ライターで稼ぎたいって思っている人は、まずは初心者OKの案件からスタートして、文章を作るっていうことに慣れるところからスタートするといいと思います。

 

昨日、本屋でふらっと衝動買いした本の中に気になる言葉があったので、ご紹介してみようと思います。

「お金」は、労働の対価と考えるのではなく、問題を解決したときにやってくるものという言葉です。

「お金」って普通は労働の対価だと考えますよね?私もこのブログでたぶん何度か書いている気がします。それが、問題を解決したときにやってくるもの???って疑問に思ったんですが、内容を読んでなんとなく府に落ちました。

 

私たちは、たぶん親とか周りの人とかメディアとかいろんな媒体から、働いた結果お金を得るという考え方を教えられますよね。そして、そういうものだと思っているので、「働かざるもの食うべからず」って言葉は、労働しない人は食べる権利がないって思って育つと思うんです。

でも、この考え方ってお金は苦労しないと手に入らないものとか苦労しないと手に入れてはならないものっていう考えになってしまうと思うんですよね。だから、最終的に仕事はつらいものとか苦しいものとか大変なのが当たり前っていう発想になっちゃうと思うんです。

 

だけど、問題を解決したときにやってくるって考えると、仕事がつらいものじゃなくなる気がするんですよ。

たとえば、前によく書いていた記事に敬語の使い方に関するものがあったんですけど、「御中」の使い方ってけっこう間違った使い方をしている人がいるんですよね。私が実際に会社で事務をしていたときに、○○株式会社御中 経理部 佐藤様みたいな使い方をしていたんですね。

 

使い方間違ってるよ~と思ったんですけど、相手がその会社のベテランの先輩だったので結局言えなかったんですけどね。

だけど、「御中」の使い方って何か正しいの?って悩んでいた人がネットで調べて、私の記事でそう使えばいいんだ~ってことがわかったら、私はその人の問題を解決してあげたことになります。そして、結果として(記事を書いたことによってってことでもあるんですけど)お金がやってくるわけです。

だから、これに困っている人がたくさんいるな。どうしたら、解決できるんだろう?こんなものを作ってみたらどうかな?っていう考え方をして、解決できる道具を販売すればお金になるっていうことなんです。

 

誰かの問題を解決してあげるとお金が入って来るというしくみは、企業している人が実際にやっていることですよね?

 

何の取柄もないし、資格も知識もないし、ただの主婦だし、私には無理!って思っちゃった人もいると思うんですけど…

たとえば、自分の好きなものを紹介する、得意な料理のレシピを公開する、地元の人しか知らない穴場スポットを紹介するとかって、ブログがあればできることですよね?

そこにGoogleアドセンスの広告を貼る、アフィリエイト広告を貼って、そこから料理に必要な道具を買ってもらうなんてことをすると、広告収入を得ることができます。

 

そうそう、UFOキャッチャーでとったぬいぐるみの服を作って販売すると、瞬殺ですよ。数秒で完売します。(実は、これをちょっとやってみようかなぁ?って考えていたりします(笑))中にはえ~って感じのものもありましたが、すごい値段でも売れていたっていうか、娘が買ったんですけどね。こんなでも売れるんだ~っていうクオリティのものも正直ありました。

 

無理って最初から諦めてしまえば、何の可能性もありませんが、これに困っている人がいるな~どうやったら解決できるんだろう?って考えることから始めると、思いがけないビジネスチャンスにつながる可能性があるってことです。

自分でもできそうなこと、やってみたいことを探して、問題解決してお金を得てみませんか?嫌なことを我慢してお金を得るよりも、何をやろうかなぁ?って考えてみるだけでもちょっとワクワクしませんか?

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)