文字単価の差「たった0.4円されど0.4円」

Pocket

こんにちは

 

今日は、朝からどんよりしてます。

11月に入って10日近くになりますが、文字単価の0.4円の「差」でモチベーションがぜんぜん違ってきてしまったはなちゃんです。

今2件のクライアントさんのお仕事をかけもちしているのですが、1件は文字単価が0.64円くらい。もう1件は単価が上がったので、文字単価が1円。

買い物しているときは、1円単位の差なんてほとんど気にならないのに、ライターというお仕事をしていると、たった0.4円の差がものすごく大きいです。

たとえば、5,000文字の記事を書いたとします。文字単価が0.6円だと3,000円ですが、1円なら5,000円です。これを20本書いたとすると0.6円だと60,000円になりますが、1円だと10万円になります。4万円の差は大きい!!

てなことで、文字単価0.6円のクライアントさんもすごくいい人なんですよ、書き終わってすぐ検収してくれるし、検収が終わるとすぐ支払ってくれるし…

でもね~めっちゃモチベーションが下がってきちゃってます。頑張って書いてますけどね。

でもね~こっちのクライアントさんだったら、この文字数書けばいくらになるのにな~なんてことを思うようになっちゃったんですよ。(笑)

なので、先月までは同じくらいの本数を書いていたんですよ。先月の途中までは0.1円くらいしか差がなかったので…。

でも途中で単価があがって0.4円の差になったら、0.6円の記事の手が動かなくなってきちゃいましてね~。

比率が変わっちゃいました。でもね、しょうがないですよね。だって、単価が高い記事を書いたほうが楽に稼げるんだもん。

 

ライターを始めたときは、こんなことを思う日がくるとは思わなかったです。

とりあえず採用してもらえて、記事が書かせてもらえればありがたいって思ってましたから、もっと低い単価の案件もいっぱいやっていたんですよ。ほんと、今考えるとめちゃめちゃ記事を書いていたわりには、報酬が少なかったのは、単価ですよ、やっぱり。

今は、そのときとほぼ同じ単価で1か月の報酬が倍くらい違うと思います。

 

そういう目線で新しい仕事を探そうとすると、単価安い案件が多い。やる気にならない。

私もわがままになったものよね~って思うんですけど、もういまさら単価の安い案件に手を出したいと思わなくなってしまいました。

単価の高い案件はなかなか出ないので、躊躇してるとすぐに決まっちゃいます。

できるかな?と思わずにこれいいかも?と思ったら、とりあえずすぐに行動したほうがいいかもしれませんね。

ブログはさぼり気味ですけどね、ライティングは1日1記事を目標に今もちゃんと頑張ってます!

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)