ライティングの高単価案件に心揺れる?

Pocket

こんにちは

 

今日は、1本も書いてないというのに、ブログの更新ばっかりしてまぁ~す。書き始めると2時間弱くらいで4,000文字くらいの記事は書きあげるんですけど、スイッチが入らないとぜ~んぜんです(笑)いい加減、明日は頑張らないとな~。

私のやる気スイッチは「OFF」(笑)

先日、クライアントさんからプロフィールを見てこんな案件やってみませんか?メールが来ていたんですけど、とりあえず今のクライアントさんの案件が落ち着いているのと、新規で始めたいこともあるし、仕事を増やしたくないのでスル―していたんですが、今ちょっとお仕事情報みたら、今よりちょっと高単価の案件があって心揺れてます。今より、0.2円高い。たかが0.2円なんですけど、3,000文字だと600円違うんですよ。20本で12,000円の差が出ます。

でも、今は、書きたいときに書けるスタイルで私には合っているから、たぶん仕事を増やすと嫌になっちゃうので止めたほうがいいなって思っているので応募はしていないのですが、高単価の案件があるとちょっとだけ気持ちがぐらっとしちゃいますね(笑)

 

なんでこんな記事をアップしたのかというと、この案件ちょっと前に見たときはなかったんですよ。つまり、地道に毎日お仕事情報のリサーチが、高単価案件発見につながるよっていうことをお伝えしたかったのです。

どの在宅ワークのサイトもそうなんですが、自分のやりたい、気になるっていうお仕事が見つからないときって、ほんと見つからないんですよ。それが数日探してもないと、見つける作業が嫌になっちゃうんですよね。どうせ、見てもないよね~ってなっちゃうんです。

 

そうすると、ログインすることすらしなくなっちゃったりってことがあるんですね。元々飽きっぽい性格なんで、すぐ諦めちゃうっていうか…。

でも、自分がやりたい仕事を見つけるためには、やっぱり地道にリサーチするしかないのかな?って改めて思いました。


何件か案件をこなしていると、クライアントさんからメールが入ることもありますし(メールが入っても仕事が決まるわけではないので、普通に応募するのですが、お仕事紹介のメールが入った仕事に応募すると通常より採用率が高いんですね。)、地道に探していると掘り出し物が見つかるときもあります。

 

継続は力なりっていう言葉がありますけど、これはすべてにおいて当てはまると思います。たとえば、在宅ワークにしても、ライターの仕事にしても、普通のお仕事でも続けるってすごくパワーがいることだけど、続けていると必ず力になりますよね?仕事探しも楽ではないですけど、まめに地道に探した人がこれ!っていう仕事を発見できるんだと思います。

 

私も最初の1件目の仕事が決まるまでは、とにかく毎日何時間もかけて仕事を探していました。1件採用になってからは、自分に自信もついたこともあって、応募もスムーズでしたし、評価がついてからはクライアントさんからご紹介メールが入るようになりましたし、今のクライアントさんもこの紹介メールがきっかけでした。

 

最初の1件が決まるまでは、めげちゃうこともあると思うんですけど、情報のリサーチは絶対大事なので、ここは気合いを入れて探してみてくださいね。お子さんが小さいうちは、家で出来る仕事が見つかれば参観日とかも自由に行けるし、長い休みも家にいることができるので、絶対いいんじゃないかな?って思うんですよね。

 

私は、子どもたちが小学校の低学年のうちから日付が変わる?くらいまでの仕事をしていたときがあったので、それは今思うとちょっとかわいそうだったかな?って思ってます。

実際に仕事をしている姿を見て育ったので、社会人になってからは、精神的には同年代の子に比べるとかなりタフにはなっているので、悪いことばっかりじゃなかったかな?って言い聞かせちゃったりしていますが、かなり大きくなってから寂しかったけど我慢してたって言われたときは、崩れ落ちそうになりました。

今さら言われてもって思いましたけど、でも子どもってちゃんとわかってるんですね。親を思って我慢してくれてたんですよね~。

 

仕事に関する価値感とか、家庭に対する思いとか、そういうことは個々で考え方も違うと思うのですが、在宅のお仕事をするのであれば、まめなリサーチをおすすめします。

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

ライティングの高単価案件に心揺れる?” に対して 2 件のコメントがあります

  1. Manohiro より:

    Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    子供を育てるのに、ぐじゅぐじゅ言うより、

    親が必死に、

    思いやりをもって、

    家族のために

    頑張っている姿

    を見せるのが一番いいように思います。

    1. hanachan より:

      manohiroさん

      つたないサイトにお越しいただきましてありがとうございます。感謝です。
      ショッピングセンターの中に職場があったので、リアルに私が働いている姿を見て育ったんですよね。

      お店の中で生徒様から話しかけられるのを見ていたので、誰かに話しかけられると「今の生徒さん?」っていつも聞かれてました。(笑)
      今は、2人とも社会人になり、先輩の立場になって後輩との関係に悩んだり、上司との関係に悩んだりしているときもあるようですが、部下のために頭を下げまくり、お客様にお詫びに行ったこととかも全部知っていたので、そんな姿も多少役には立っているようです。寂しい思いはさせましたが、無事に大人になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)