小さいお子さんがいると在宅ワークも大変ですね

Pocket

こんにちは

 

すっかり子どもが小さかった頃の状況がわからなくなっているはなちゃんです。

今同じクライアントさんのお仕事をやっているワーカーさんとも個チャでたまにお話するようになったんですが、お子さんが小さいと思うようにお仕事ができなくて大変なんだなというのをいまさらながら感じています。

 

アラフィフ世代になると、家事を頑張らなければそれなりに時間を確保することはぜんぜん大丈夫なんですよ。基本的に平日は家族がでかけてしまえば、誰もいないですし、別棟に住んでいる母親には毎食食事を運んで、デイサービスのときに掃除をしたりはしてますけど、今日は仕事に集中するぞ~って思えば一日仕事の時間にしちゃうのも可能なんですよね。

でも、一緒にやっているママは、保育園にあがる前のお子さんがいて、パソコンをやろうとすると邪魔されちゃうので、1週間に1記事、頑張っても1か月で6記事くらいがいっぱいいっぱいみたいなんですね。

仮に全部の記事を8,000文字くらいにしたとしてもクライアントさんの単価的に手数料を引いちゃうと3万にはならないんですね。人によって文字単価が違うのでもしかしたら、もっと少ないのかも?

どれくらいのペースで書いているかというのは、チャットワークでキーワードを共有しているので、お互いにわかるんですよ。なので、昨日2本納品したら、本当すごいですよね~私ももっと書いてもっと稼ぎたいんですよ~。早く保育園に預けたいというメッセージをもらったので、子育てママ世代の大変さを実感してしまいました。

 

私の場合、残業の連絡がくると帰ってくるまで少しやろう~なんて思っちゃうんですけど、8時前には子どもを寝かせているみたいなので、へたするとへんな時間に一緒に寝ちゃうこともありますもんね。

子どもを寝かせるつもりで、先によく子どもよりも先に寝てましたっけ。

小さいこどもがいるママは、おうちで仕事ができたら楽なんじゃないかな?って思っていたんですけど、おうちにいてもなかなか難しいってことなんですよね。

そう思うと、仕事をする時間をいっぱい確保できる私は幸せなんだろうなぁ。

そして、いっぱい続かなかったけどいろんな職種を経験したり、いろんな立場を経験したことがライターをするうえでけっこう役にたっているので、そのときは苦しかったり嫌な思いもしたけど、書ける記事の幅も広くしてくれているんですよね。

そう思うといいことも悪いことも、すべてが自分の経験になるんだなと思います。

まさかね、十数年後とかにこんな形で役に立つ日が来るなんで、想像もしなかったですけどね。

くもん式じゃないけど「やっててよかった」ってことですね(笑)

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)