新規案件辞退したくなってきた~その後~

Pocket

こんにちは

 

新規案件に応募したものの辞退したくなったというお話を書きましたが、この件のその後についてお話しようと思います。

 

結論は、正式発注をしてもらって、今テストライティングの記事の提出が終わったところです。ここに至るまでには、聞くも涙、語るも涙…というほどでもないですが、疲労困憊したのはほんとです。

新しい案件のクライアントさんは、シュフティで何人かのワーカーさんと取引がある方で、今まで一緒にお仕事をしていた方が事情があり、おやすみに入るということで新しいワーカーさんを探していたようです。

継続してお仕事を依頼していた方だったので、シュフティのシステムはご理解されていると思い込んでいたのがいけなかったのかもしれないんですけど、正式発注の前に連絡ボードでテスト案件の内容の連絡があったんですね。

連絡ボードっていうのは、クライアントさんとワーカーが利用する連絡ツールで、仕事の申込をするとすぐに使えるようになるもので、発注前とあとで違いがあるわけではなく、同じ画面でやりとりをします。

 

シュフティの利用規約で、正式発注前は仕事を始めてはいけないことになっているのでまずはじめにこの段階で困惑したんです。テスト案件だから、ここから連絡してくるのかなぁ?テスト案件の説明だから、正式発注がないのかなぁ?と思いながら、やりとりしているうちにほぼ作業を開始せざるを得ないような状況になってしまっていたんです。

このあたりが、辞退しようかなぁ~と考え始めた頃です。

ライティングをする過程の中に「記事構成」というものがあります。書きたい内容について見出しを作る作業です。

これは、文章の設計図みたいなものですね。設計図があると、この人はどんな内容が書こうとしているのかということをクライアントさんが理解することができますし、ライティングするときのベースにもなります。

つまり、記事構成というのはすでにライティングの作業を開始している状態ということなんですね。

それなのに…

応募したら、ぜひお願いしたいですというお返事をいただいてはいましたが、待てども待てども正式発注がなく、発注前の画面の連絡ボードで記事構成の修正が何度も何度も繰り返されていたんです。そんなことをしているときにシュフティの新機能のリリースがあったんです。

メッセージを送るたびに、自動メッセージが表示されるようになったので、これはメッセージを送付される何かの条件にひっかかっているんだなと理解したので、クライアントさんにお伝えしました。

シュフティの新機能についてはこちらの記事をご覧ください。


事務局から注意のメッセージが入るようになってしまったので、正式発注後にやりとりをお願いできませんか?という連絡をさせていただきました。

 

結果としては、ご本人に「こいつ(私のこと)大丈夫か?という不信感があって発注処理をしなかったのではなくて、発注前の画面と発注後の連絡の画面がまったく同じだったので、そのまま仕事の連絡していることに疑問を持っていなかったというだけだったらしいです。

今回みたいのは初めてだったので、この記事を読んでいる人も注意してくださいね。シュフティで「発注前のメッセージのやりとりは、すべてシュフティ上でおこなってください」というメッセージが表示されたら、この使い方は危険ですという判断をする何かの条件にあてはまっているということです。

 

正式に発注はいただいたんですけど、ひとことでライティングといってもクライアントさんによって、好みの違いとか、こんな感じで記事を作成してほしいというのが全く違うので、理想としている流れはどんな感じなんだろうというのをつかむまでが大変なんですね。

いろいろ質問をしながら、落としどころを探っていくんですけど、教えてほしいことを質問したのに返ってきた回答が何かずれていて、知りたいことが結局わからないし、わからないまま修正をするので、また修正依頼がきてというのを5回も繰り返したんですね。テスト案件なのに…

ここで、二度目のやっぱり辞退しようかなぁ?意思の疎通ができない…

はなちゃん、さすがにめげてきました。

 

そんなこんなでいろいろあり、5回目にやっとOKをもらって、記事を作成し、さっき提出したところです。

最初にこれだけやり取りしたので、落としどころは何となくみえましたけど、この数日ほんとに疲れて、疲労困憊でした。

 

これがあるので、新規はあまり増やさず、継続が楽だな~と思ってしまうのですが、こういう仕事は必ず終わりがくるので、リスクを分散させておかないと、仕事がなくなるといきなり収入がゼロなんてことになってしまうんですよね。ここが在宅ワークのつらいところでもあります。

 

でも、メッセージのやりとりをしていて、たしかに要領を得ないところがあったのでめげてはいたんですけど、本人がそれは自覚されていて、わかりにくいところはどんどん質問してくださいっていっていて、悪い人じゃなさそうということはわかったので、継続案件になったらもうちょっと頑張ってみようと思いました。

 

以上、新規案件辞退しようかな?その後でした。

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)