何かに挑戦するときは、最初はハードルはめ~いっぱい下げてしまいましょう

Pocket

こんにちは

 

全国的に大雨であちらこちらで被害が出ていますね。みなさんの地域は大丈夫ですか?

私が住んでいるところも、夜はけっこうな勢いで雨が降っていましたが、今はかなり落ち着いてきました。この雨、日曜日まで続きそうですね。災害は突然起きることもあるので、危険な状況になってしまう前に早めの対策をしてくださいね。

今日は、何かに挑戦するときは、最初はハードルを下げようというお話をしてみたいと思います。

 

人間は自分が思っているよりもわがままな生き物で、嫌なことはできるだけ起こらない方がいいと願いますが、刺激がなくなると退屈というか何かに挑戦したいという願望が湧きあがってきてしまうことがあります。

これは、本当はわがままなんじゃなくて、より良くなりたいと願うのは、ある意味本能なんじゃないかな?と思います。

 

子孫を絶やさないために、より強く、より優秀な遺伝子を残そうとしたり、環境に応じて不必要なところは退化し、必要な機能はより進化していくというのは、自然の摂理ですよね。

 

これは、子孫を残すと言う意味でもありますが、自分が幸せになるための思考が遺伝子レベルで組み込まれているんじゃないかな?と思うのです。

 

人がより良く生きるため、幸せになるためにお手本にする最強の人物は、実は赤ちゃんだと言われていたりします。赤ちゃんはいい意味で自分の欲望だけで生きています。それが命を維持するために必要だから。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは、最初は自分で動くことができません。自分で動けるまでには数ヶ月かかり、歩けるようになるまでには、約1年くらいかかります。

つまり、周りの人(パパやママ)に手助けしてもらわなければ、生命を維持することができないってことですね。

赤ちゃんは最初はしゃべることができないので、「泣く」という手段ですべてのことを周りの人に伝えます。

「おなかがすいた」「おむつが濡れた」「眠い」「かゆい」「いたい」「さみしい」「怖い」などなど…

そして、これがほしい、これが嫌だということを、常に周りの人に要求します。それが手に入るとかできるとか考えることはありません。命を維持するために必要ですからね。

歩き始めの頃は、どんなに転んでも、どこかにぶつけて痛い思いをしても、立ち上がろうとすることを止めることもありません。痛いから立つの止めるとか諦めるとかないですよね?

 

それが大人になると、時間がない、お金がない、能力がないといった理由で、自分のやりたいことを簡単に諦めてしまいます。

 

赤ちゃんのように、それができるとかできないとか、手に入るとか入らないとかを考えずにただただ自分の欲求のまま行動することができれば、もっともっと自分を幸せに出来るのだと思います。

ただ、大人になればなるほど、赤ちゃんが経験したことがないことを経験し、そのたびに嫌な思いやつらい思いを経験します。その経験がつらければつらいほど、同じ思いを経験したくないという気持ちは、自分を守るための自然な防衛反応とも言えます。そして、思考の幅はどんどん狭まってしまい、挑戦することなく自分の可能性をつぶしてしまうことになってしまうんですよね。

でも、これって本当はもったいないですよね~。やりたいことがあるのに、欲しいものがあるのに、最初から諦めてしまって、自分の願望を放棄してしまっているんですもん。命には限りがあるのに、自分の欲求に蓋をしてしまうのは本当にもったいないって思うのです。

さきほど、ちょっと書きましたが、自分の願望に蓋をしているのは、今まで自分が経験した内容と、自分を守ろうとする防衛反応が起きるためです。防衛反応は、生きるために必要なものではありますが、自分の幸せを邪魔してしまうこともあります。

 

この折り合いをつける方法が、最初のハードルはめ~いっぱい下げてしまいましょうってことなんですね。今まで走った経験がない人がいきなりフルマラソンを走るのは無謀だけど、家の周りを走るくらいならすぐに始められそうですよね?

月収10万円だった人がいきなり月収1,000万にするのは、難しいかもしれないけど、副収入を数万増やすことなら可能だと思いませんか?

やったことがないスポーツでオリンピックに出るのは難しいかもしれないけど、初心者から挑戦してみることはできると思います。

 

大人になると、諦め癖がついちゃっているんですよね。私もそうでしたし、現在も完全にこの癖を克服できたわけではありません。

 

でも、人間として、今の自分として、この世界で生きる時間には限りがあるのだとしたら、赤ちゃんのときのように素直に自分の欲求に貪欲になってもいいんじゃないかな?って思うんですよ。

やりたい、行きたい、欲しいなどなど、自分の欲求を実現させてみたいと思いませんか?

そのための手段が願望を達成させるための、最初のハードルはこんなの誰だってできるよ~って思えるところまでぐ~んと下げて始めることが大切なんですね。富士山も頂上を見てしまうと、あそこまで登るなんて無理だ~って感じてしまうけど、10m先までなら行けそうな気がしませんか。っていうか間違いなく行けるよって思えると思うんです。

そしたら、さらに10m先まで頑張ってみる、そして少しづつ足を進めていけば、無理だと思っていたら、いつの間にかゴールにたどり着くことができます。

そして、1つ何か成功すると、それが自信になるんですね。人間は成功体験を積むとこれもできるんじゃないかなって自分で自分に期待することができるんですよ。その自信がさらにもっと大きな願望達成につながっていくんですね~。

仕事に関しては、そんな体験を積み重ねてきたのですが、私個人のこととなるとあっさり諦める性格な私も、今1つづつやりたいことをやるということを実践しています。

 

あなたも、最初のハードルをぐ~んと下げて、大きな願望を達成してみませんか?

 

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)