働き方改革って実現できれば理想だけど…

Pocket

こんにちは

 

働き方改革に関する記事、やっと完成しました。

これって今年の4月から施行されるんですよね。

記事にするためにいろいろ調べたんですが、確かにね実現されれば理想だなと思う内容も多いわけですよ。

たとえば、労働者が自分の生活スタイルに合う仕事の仕方を自分で選択できるようにするとか、労働時間が短くなるとか、フレックス制とかテレワークとか…

 

とはいってもですよ…

有給休暇の取得が義務付けられるのを踏まえて(4月から1年間のうち5日の有給取得が義務化されます)、有給5日取らせなければいけなくなるから、年間の会社の休日日数を減らす会社があるとか?

この話を娘から聞いて、確かにね、5日お給料をもらって確実に休む日はできるわけだけど、会社カレンダーの予定を変えてその分5日出勤日を増やしたって話しで、それって何かおかしくないですか?

ライフワークバランスとか、労働者が選択できるようにするとか、長時間労働をさせないようにするとか、会社に努力させようとしても何も変わらないからだったら法律で決めてしまえ~って考え方なんだろうけど、それを素直に実行してくれる会社とそうではない会社も存在しているわけですよね。

 

コメントをいただいた方の中にも、基本給は変わらず、残業時間を減らされて?、家計を直撃してしまう人だっていたわけですよ。

勤務時間に関係なく、仕事の内容で評価して生産性をあげるって口でいうのは簡単だけど、結局今までの古い考え方に縛られている人はたくさんいるわけで、効率的に早く仕事ができる人よりも会社に長い時間いて勤務時間が長い人が評価されるっていう会社もたくさんある気がします。

 

法律の内容だけ見てると、これが実現したら、働きやすくなるかもしれない、こんな自由な働き方ができるんだったら仕事がしたいって思う人はたくさんいるんだろうな~とは思いました。

だけど~

事業主や同じ職場の人の考え方を指導する人がいなかったら、逆に今仕事している人を苦しめるだけになってしまわないだろうか…という気がしながら、記事を完成させました。

 

私は、おかげさまでライターとしてぼちぼち稼がせてもらってるし、家事もやりたいときにできるし、仕事もあるから一日何やろうって思っちゃうほど暇ではないし(昨日、ご近所さんの集まりに参加したら、私よりもだいぶ先輩方が、犬としか話をしないとか、一日中テレビ見てて暇なのよねという話をしてました)、やりたいことをやりたいときは、必死で稼ぐ環境もできてるし、たぶんすっごく幸せなんだと思います。

 

でも、少子化とか労働力人口の減少を解消するなんていいながら、結局根本の解決に必要なことが追い付く前に法だけ改正されてしまっても、困っちゃう人が増えるだけなんじゃなかろうか?

ほんとにね、ありとあらゆる人が自分の働き方や自分のライフスタイルを選択できたら、すっごくいいと思うし、そういう世の中になってほしいと思う。

 

仕事ぶりを正当に評価できる人も増えてほしいと思うし、頑張っている人がちゃんと報われてほしいとも思う。

 

でもね~。それを実現させるためには、法の改正も大切だけど、人を教育する、考え方を学ぶ機会を増やすことが必要なんじゃないかなぁって気がします。どんなに部下を正当に評価しようとしても、上からだめな考え方を押し付けられたらそれは難しくなっちゃうんですよ。

みんなが、お互いに認め合って、協力しあって、助け合うっていうのが、普段の生活だけじゃなくてね、会社の中もそうなれたら、きっと日本ってもっともっとよくなるんじゃないかな?

中間管理職で部下にね、いろいろきつく当たっちゃったりしたこともあったから、すべての会社がそんな会社になってほしいな~。自分ができなかったから。うん。

 

記事を書きながら、期待半分、これ以上悪化してほしくないななんてことを思った1日でした。

 

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)