日本の働き方は変わるのか?

Pocket

こんにちは

 

最近は、日本のこれからの働き方についての記事を多く書いているのですが、記事を書きながら思うのは遅まきながら、自分を大切にする、自分の生活を大切にするという考え方に少しずつシフトチェンジしてきているのかな?ということです。

 

日本人は、自分のプライベートよりも仕事を優先するのが当然という考え方が当たり前で、遊びのために仕事を休むことを躊躇してしまう傾向があると思うんですね。私も外で仕事をしていたときは、遊びに行くから休みますっていう人に対して「白い目」で見ちゃっていたところもありましたし…。

でも、今は在宅で仕事をするようになって、子どもも学校を卒業して、少し精神的にゆとりができたというか、子どもに対しての責任が少し軽くなったからこそ思えるようになったのかなと思うのですが、責任を持って仕事をすることはもちろん大切だけど、自分を大切にすることはもっと大切なんだなと感じるようになりました。

 

今までは、明日がくるのが当たり前だと思っていたんだと思います。

 

考え方が変わったのは、たぶん父親を亡くしたことがきっかけになった気がします。

朝、会社に行くときは今までと普通の生活をしていたのに、私が会社にいる間に自宅で亡くなっていて…。会社に行くときは、こんなことになるなんでぜんぜん想像していなかったですしね。

年齢とは関係なくて、今日はあっても、明日が必ずくる保障は誰にもなくて、そして自分の人生は自分が守らなくちゃ誰も守ってくれないんだから、自分の人生は、自分で楽しもうって思わないといけないんだろうなって思うんですよ。

今は、自分のできる範囲で好きなことをしたり、ときには思いっきりダラダラしたり、今自分がやりたいことを優先するようにしています。

 

記事のために、「労働時間貯蓄制度」について調べたんですね。

「労働時間貯蓄制度」という言葉を聞いたことがありますか?ドイツなどで取り入れられている制度なんですが、仕事ができるときは仕事に集中して、残業時間を貯金のように貯めておいて、ここで長い休みがほしいな~と思ったときに、貯金しておいた残業分の時間をまとめて休暇に使えるという制度なんです。

この制度のメリットは、仕事ができるときに残業しても残業代として支払われることがないので、会社は残業代を払わなくて済むんですね。そして、働いている人は、定時を超えて働いた時間をコツコツ貯めておけば長い休暇を取ることが可能になるってことなんです。たとえば1か月の休暇を取るとか…

でも、日本でこの制度が使えますよって言われても、休んでいる間の仕事はどうなるの?とか、1か月も会社休みとか考えられないって思っちゃう人がほとんどだと思うんですよ。

実際、1~2日の休みの申請を出すだけで、上司から嫌味を言われちゃうなんて人も多いと思いますしね(笑)

 

法の改正だけが進んでいる状態はどうなの?っていうことは別としても、お仕事をしている人が仕事をすることが1番大切なんじゃなくて、働いている人が楽しめるような働き方になっていかなければいけないって考える人が増えてきたことはとってもいい傾向だと思っています。

そして、働く人が働くスタイルを選べる方向に替えていこうという動きもありますし…

 

もちろん、今までの慣習が高い壁になっているので、同じ職場で働く人同士がお互いを尊重して、理解しあうという環境がなければいじめにつながったり、周りの人に理解してもらえなくてつらい思いをする人が増えてしまうんじゃないかな?という懸念はあります。

でも、自分の働き方は自分で選択する!という考え方が浸透すれば、「正社員」で働いている人は、「正社員」という働き方を選択したのは自分なので、「短時間勤務」をしている人に対していじわるな態度を取るのはおかしいんだよっていう考え方も浸透していくと思うんですよ。

そしたら、今よりもっと自由にみんなが働けるようになるんじゃないかなぁ。

自宅で仕事をしたい人、夜だけ仕事をしたい人、昼間だけ仕事をしたい人、土日だけ仕事をしたい人、平日だけ仕事をしたい人、みたいにみんなが同じ日に仕事をしたいわけじゃないはずだし、同じ仕事をしたいわけじゃないので、仕事をする人の人数が増やせれば、みんながそれぞれに働きやすいって思える環境を整えることだって不可能じゃないはずなんですよね。

記事を書きながら、そんなことを願っているはなちゃんでした。

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)