在宅ワークはデータなどの入力だけではない?自分の作品を売ってみる?

Pocket

こんにちは♪

今日はお天気が良くて外に出ても暖かくなってきました。昨日は、在宅ワーク
のサイトに登録して、仕事をする方法ではなくて、自力で稼ぐ「アフィリエイト」
「Googleアドセンス」のお話をしましたが、それ以外に自力で稼ぐ方法を考えて
みたいと思います。

 

自分の作品を販売してみる?

私は、自分で使う程度のものであればたまに手作りをすることがあります。娘がUFOキャッチャーで取れるぬいぐるみの服を作りたいと言い出したので、ぬいぐるみにかぶせる帽子を編んであげました。その時の会話で、他の人が作ったものがいいな~と思っても作れない人もいるから売れば売れるかもね?という話をしたことをふっと思い出しました。

 

SNS映えという言葉がありますが、自分のお気に入りのキャラクターのぬいぐるみに自分でかわいい洋服を作って、インターネットにアップしている人がたくさんいます。中には、型紙とか作り方までアップしてくれている人もいますが、なかなか思うとおりに作れない人はたくさんいます。

そもそも、こういったぬいぐるみに着脱可能な服を作るのは簡単ではなく、ぬいぐるみなので、頭がすごく大きかったり、体が極端に小さいものなどがあるんですよ。ここを計って、こんな型紙を作れば、こんな形の洋服が作れるということができる人ってすごいな~と思います。

そこでちょっと思ったのが、私はぜんぜんだめなのですが、手先が器用でお裁縫などが得意な方っていっぱいいると思うんですね。誰かに仕事をもらって報酬で稼ぐのではなくて、自分の技術を販売するというのも1つの在宅ワークなのではないでしょうか?

 

私の娘が幼稚園の時に引っ越しをしたのですが、途中転園であと半年ほどで卒園だったので、上の娘のときは、スモックを手作りしてしまいましたし、小学校に上がると、図書袋などを作ってきてくださいというのがあったのですが、お裁縫に自信のない方は、布は好きなものを購入して、お金を払って必要なものを作ってもらう人もいます。

作れない人にとっては、作ってもらえるのはありがたいですし、技術がある人は、作れない人を助けてあげることができます。

 

インターネットを使って販売する場合は、写真を撮る、画像を加工するなどの知識が必要になりますが、こういったことを覚えておくと、自分の作品を売って報酬を得ることも可能になります。

自分にできそうなことはないか考えてみる

こう考えてみると、文字入力にこだわる必要はないということです。私は文章を書くことが好きですし、パソコンも教えていた経験があるので、初心者の方がつまづいてしまう理由や、どうしたらわかりやすく説明できるか・・と言う経験があったので、サイトを運営する、他の方のサイトの記事を作成するということで、報酬を得ると決めましたが、例えばお料理が好きな人であれば、レシピを公開して、広告収入を得ることができますし、何か作品を作ることが得意であれば、そういったものを販売することもできます。

 

在宅ワークのサイトに登録しても自分に合う仕事が見つけられないと思ったら、自力で稼ぐ方法を探してみるというのも1つの方法かもしれません。

 

自分にできる可能性を見つけてみましょう!

在宅ワークである程度稼げる人なんで絶対一部の人だけで私には無理って思っていませんか?確かに、諦めてしまえば可能性はゼロになります。でも、自分で試行錯誤しながら挑戦し続ければそれは必ずどこかで実を結びます。

最初から諦めてしまうのは簡単にできますが、いくつになっても挑戦する気持ちというのは大切なんじゃないかな?と思います。私も仕事に関しては自分には無理だ!できない・・。という問題に何度もぶつかりました。でも、「私がやるんだからできないはずがない」と奮い立たせてやってきたことは、結果としてちゃんとゴールに到着していました。

 

私にはできなくても、他の人にもできなくても、あなただからできる何かがきっとあると思うのです。自分の得意なことが他の人が苦手なことってたくさんあるんですね。あなたの得意がきっと誰かの役に立つはずなんです。自分の得意ってなんだろう?って一度じっくり考えてみませんか?

にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)