会社の不満は愚痴を言っても解決にはならない

Pocket

こんにちは

 

今日は、会社の不満は愚痴を言っても解決にならないというお話をしようと思います。

娘は派遣で働いているのですが、派遣先の同じ部署で働いている正社員の子からLINEで延々と愚痴がきているみたいで、ここのところ毎日のように来ています。

どうしたらいいんだろうね~って娘に言われるので、この話を話題にしてみようと思いました。

会社の愚痴って本当に不満がある場合と、上司をネタにして一緒に愚痴ってストレス発散してまぁ頑張りますか~っていうパターンがあると思うんですね。

上司を酒の肴にその場だけ愚痴って元気になれるんだったら、ある意味それはありかな?って思うんです。でも、本当に会社に不満があって、愚痴っている場合の解決方法って2つしかないんですよ。

 

理不尽なことを言われているのであれば、「正当なことを証明できる理由を添えて、相手に伝える」もしくは、会社の言うことは、会社からの指示であるわけなので、それが納得できないなら「会社を辞める」選択肢はこの2つです。

正当な理由を添えて上司に納得ができない、理不尽なことを言われて、自分はそんなことをしていないということをきちんと伝えたとしても、状況は変わらない可能性もあります。でも、きちんと伝えれば改善される可能性もあります。

会社という組織で雇用されて、お給料をもらって仕事をしている以上、会社に歯向かってみても、結果は変わらないことも多いです。それでも納得がいかないのであれば、冷たい言い方かもしれないですが、辞めるしかないんですよね。

愚痴を言っていてもなんの解決にもならないですし、お互いに気分を害するだけで、状況が悪くなることはあっても、よくなることはないですし、第三者に愚痴ってみたところで何も変わらないってことです。

 

私も昔はよく愚痴っていたので、気持ちはわかるんです。特にいわゆる中間管理職についている人は、上からプレッシャーになることや文句や耳の痛いことばかり言われて、下には上司のくせに何もしてくれないとか言われるし、上司から言われたことをそのまま部下に伝えるわけにもいかないし、部下のやらない仕事も抱えているので、もういっぱいいっぱいになっていることもあります。

 

だから、彼女の言い分もわかるし、彼女の直属の上司の気持ちというか立場もわかるんですよ。古参のパートのおばちゃんとか強いですしね。おばちゃんより若い上司はおばちゃんに負けちゃうのも理解もできます。

 

でも、古参のおばちゃんの妬みから出た言葉で、私があの子が残業代稼ぎのためにダラダラ仕事をしてるっていっているのに、あの子に対して何も対策してくれないのって言われたくないがために、真面目に仕事をしている部下に対して、さぼってるんじゃないの?なんてことは言っちゃいけないとも思います。

 

それは全部理解した上で、その上司の性格はおそらく簡単には直らないしっていうか、直る可能性はないし、こういう状況もおそらく改善されることもないし、今のまま勤めていれば、また同じような嫌な思いをしなくちゃいけないこともあるかもしれないっていう事実は変わらないわけですね。いくら愚痴ってみても…。

会社を辞めたくないなら、その事実を訴えて、それでも改善されなければ、変わらない現状を受け入れて、そのまま続けるしかないですし、その現状を受け入れられないのであれば、辞めるしかないんですよ。

 

私がもっと若かった頃、やっぱり同じような状況になって、社長のやり方に納得ができなくて、愚痴っぽい相談をしたことがあったんですけど、受け入れられないなら辞めてあげてください、社長が気の毒ですって言われてめっちゃ腹が立ったことがあったんですよ。

私が相談した人は、フランチャイズの本部の社長さんだった人で、私の上司、つまり私の社長は相談した会社の社長さんの会社とフランチャイズ契約をしているという関係だったんですね。

その方に相談したときは、自分が正しいと思ってましたから、私に対して、辞めてあげてくださいってあんまりじゃないの~~って。てっきり、社長に改善のためのアドバイスをしてくれると思ってましたから、よけいショックでした。

 

でも、私がその会社を辞めてしばらく経って怒りが収まった時に、私が相談した社長さんの言葉の意味が理解できるようになりました。

だって、その会社は社長が作った会社で、会社のルールは社長が決めるのが当たり前で、雇用する権利があるのも、辞めてもらう権利があるのも経営者側にあるわけですからね。

雇用者に権利がないということではないですよ。でも、作った本人のやり方が合わないのであれば、雇用された側が退かなければいけないと思うわけです。

 

最終的には自分の思うとおりに仕事がしたいのであれば、自分で企業するってことですね。

そのときに、どんなに文句言ってもお給料もらってるでしょ?って言われたんですけど、お給料以上に仕事してます!!(怒)って思ってましたけど、これだけ文句を言っている従業員にちゃんとお給料払ってくれてたわけですからね~。そこは感謝しなくちゃいけなかったなって、今なら思えます。

社長と戦っていたときは、ぜ~んぜん思えませんでしたけどね(笑)

 

自分がそんな経験をしてきたので、娘に話すときも結局そんなアドバイスになってしまうんですが、怒りでイライラしている本人に伝えてもらってもおそらく納得できないんだろうなと思うんです。

こんなに一生懸命やってるのに、あれもやりたくない、これもやりたくない、でもお金はほしいって言っているおばさんの妬みから出た言葉で、まっとうに仕事している人が文句言われてるわけですから、納得できるはずはないって思うんですけど、極論は、愚痴は何の解決にもならないってことです。

 

見方を変えれば、会社は自分の働く場所を提供してくれているわけですしね。嫌ならやめてもらっていいですよってことですよね。

 

今日は、友達とご飯に行くんですけど、たぶん愚痴、聞かされるんだろうなぁ(笑)私は、家で仕事をし始めてから、仕事に関するストレスとかがまったくなくなったので、こういう場合、ひたすら聞き手になるだけなんですけど、会社を辞めて思うのは、会社という組織で働きたくない人は、自分で稼ぐ手段を作るほうが精神的にはぜったいいい気がします。

自分で稼ぐ術を勉強したり、研究したりしながら、自分のペースで稼げば、だれがどうとか文句もなくなりますし、嫌だったら、嫌なことはやらなければいいだけだし、自分のためなら大変なことも頑張れますしね。

 

愚痴は、酒の肴にして次の仕事への活力にして、自分の中で不満を増幅させる道具にはしないようにしたいですね。

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)