「在宅ワーク」や「商品を売ってみる」を考えるなら、まずは画像の保存を覚えましょう!

Pocket

今は、インスタグラムが流行っていますが、みなさんは写真を撮りますか?私は、ほとんど撮りません(笑)

子どもたちが小さかったときは、けっこういろんなところにいっていっぱい写真を撮ったんですが、あるある話で下の子に「私の写真少ない」「そして、1人で映ってる写真ほとんどない」ははは。きょうだいがいるおうちは、絶対こんな話になりますよね~。

 

まぁ、過去に戻って写真は撮れませんからね~。今は、スマホで簡単に撮れる時代なので、便利になりましたね~。

 

ところで、みなさんは、撮った写真ってどうしていますか?携帯に入れっぱなしという人も多いのではないでしょうか?画像の保存やこれはブログですけど、ブログや書類、チラシなどに画像を入れるということができると、やれることが増えるのでまずは、画像をパソコンに保存するという方法を覚えましょう!

まずは画像の保存の仕方を覚えましょう!

カメラや携帯電話で撮った写真を自分でパソコンに保存したことはありますか?デジカメには、メーカーによって形態や名前が異なるのですが、画像をSDカードといったものに保存しています。(SDカードではないものもありますので、ご自分のカメラで確認してください)

スマホなどの場合は、スマホ本体に保存する場合とAndroid携帯の場合は、やはりSDカードにも保存できます。通常は、カメラや携帯とパソコンをケーブルでつないだり、パソコンによっては、直接SDカードを差し込めるタイプのものもあります。

また、SDカードには大きさが異なるものがあり、MicroSDなど小さいものは、パソコンに直接入れられないので、大きさを変換できるアダプタが必要なものもあります。

自分のカメラや携帯、またパソコンに応じて保存の方法が何種類かありますので、自分が一番覚えやすい方法を1つでもいいので覚えておきましょう。

バックアップのすすめ

私がパソコン教室に勤務していたときに、パソコンに保存しておいた写真のデータが全部見られなくなってしまった方がいました。こうなると私ではなく、データ復旧のプロにおまかせするしかないので、対応はできなかったのですが、ご家族で撮った大切な写真が全部なくなってしまったんです。(データ復旧ができる業者さんはご紹介しました)

データ復旧は、運がよければ戻ってくるものもありますが、復旧が不可能なものもあります。ちなみに私のサイトも一度(これは私の過失ですが)データが全部なくなってしまいました(苦笑)今回は、それを教訓にドロップボックスにバックアップをしています。

写真の保存の仕方を覚えたら、必ずバックアップを取りましょう。なくなってからでは取返しがつきません。(パソコンも私も使っている途中で突然2回ほど壊れました)

インターネットの画像を保存する方法も覚えましょう

ちなみに、このサイトでお借りしている画像はフリー素材のもので、商用使用可になっている素材です。一応、広告などを貼っているので、商用利用可になっているサイトのものしか使用していません。

今、いろんなサイトで無料で使える素材がたくさんあるのですが、在宅ワークで仕事をしたいと考えているのであれば、こういったインターネットの画像を保存する方法も覚えましょう。こういった素材の中には、圧縮といって自分のパソコンに保存してもそのまま使えないときがあります。自分でWordとかで使うのであれば、展開(解凍)作業をしなくても、使えるのですが、ブログのようにインターネットで使う場合は、展開(解凍)という作業が必要になります。

 

パソコンがあんまり得意ではない方の中には、展開?って何という人もいるかもしれませんが、これから在宅で頑張る!!というのであれば、画像に関する最小限のことはお勉強することをおすすめします。在宅ワークといっても、すべてがパソコンが必要なものばかりではないので、例えば、シール貼りとか、ビーズでアクセサリーを作るといういわゆる内職みたいな仕事もありますが、大変な割りには単価が安いものもあるので、パソコンが使えると自分ができる仕事の幅も広がりますよ。

まとめ

まずは、パソコンに画像の保存の仕方を覚えてみましょう。あとは、データのバックアップ、インターネットの画像を保存する方法を覚えましょう。やったことがない人は覚えるまでに大変かもしれませんが、覚えておくといろんな面で絶対役に立つので、まずはここからスタートすることがおすすめです。

にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)