超初心者さんのためのExcel講座 第2回目

Pocket

こんにちは

 

今日は、超初心者さんのためのExcel講座 第2回目をお届けします。前回作ってもらいましたファイルを使って続きをやりますので、前回保存した「練習」のExcelを起動してくださいね。

表を見やすくしてみよう!

これだと表がちょっと見づらいですね。では、簡単な機能を覚えながら、表に装飾をしていきましょう。

 

表のタイトルを装飾してみよう

「A1」をクリックしてください。

フォントサイズ

ここをクリックして、16をクリックしてフォントサイズを16ptに変更してみましょう。同じようにしてフォントを装飾していきます。上の画像の画面の「B」のところをクリックしてみましょう。文字が太くなりましたね。続いて「A」の下に赤い線ががついているところがあります。ここの▼をクリックして、自分の好きな色を選んでクリックしてみましょう。(ただし、あんまり色の薄い色を選択すると文字が読みづらくなるので、濃い色を選んでおいてください)

画面を見てみると「商品一覧」の文字が「A1」のセルからはみ出していますね。これをセルの中におさまるようにしてみましょう。

セル幅

赤の○で囲んだ「A」と「B」の間の線のところにマウスポインタを持ってくると黒の「←┃→」この形にマウスポインタが変わります。黒の下向きの↓になっている人は場所が少しずれているので、線のところに合わせるようにしてくださいね。この状態でダブルクリックをすると、セルの幅が広がり文字がセルの中に全部表示されるようになりました。

セルの文字

こんな感じで出来ていれば正解です。

表の中を装飾してみよう

配置

今度は、この部分を使って表の装飾をしてみましょう。

A3~D3までをドラッグします。配置の中の上段の真ん中(上の画像だと緑色になっている部分です)中段の真ん中の中央揃えをクリックしましょう。ちなみに上端の中央は、セルの高さ(縦方向)の中央揃えで、中段はセルの幅(横方向)の中央揃えです。

次に黄色の線のバケツのマークの▼をクリックして、好きな色でセルを塗りつぶしてみましょう。今度は、あまり濃い色だと文字が読みづらくなってしまうので、少し薄めの色を選ぶのがポイントです。

 

今度は、この数値の中のカンマを入れて、数字を3桁ごとのカンマが入るようにして、数字を読みやすくしてみましょう。「B4」~「B6」をドラッグして、上記のカンマの部分をクリックします。同様に「D4」~「D6」も同じように設定してみましょう。

最後の表の罫線を引いてみましょう。

「A3」~「D6」までをドラッグします。

このマークの▼をクリックしてみてください。「格子」に合わせてクリックします。表に罫線が引くことができました。

こんな感じに表の装飾ができましたか?また、次回別の機能をご紹介します。

にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)