パートをする場合はできるだけ自分の条件を妥協しないことがおすすめ

Pocket

こんにちは

 

私が、専業主婦から仕事を始めたきっかけは、下の娘が小学校にあがったことがきっかけです。

我が家の場合、子どもが生まれてからずっと専業主婦だったので、保育園に入れなくて幼稚園に通っていたので、14時(2時)までだったんですね。

小学校に上がってからもしばらくの間は、給食がなかったのですぐ帰ってきてしまうし、4月の後半くらいに家庭訪問があったので、半日で帰ってきてしまう日がつづいたので、それがおわってから本格的にフルタイムパートで仕事を始めました。

その後は、正社員として仕事を始めて、パートさんを採用する立場になりました。

 

採用側としてパートさんの面接をたくさんしてきたのですが、そのときに困ることが多かったのが、土日も大丈夫です、夜の時間帯もできますって言ってもらって採用したあとに、状況が変わってしまったのでできなくなりましたって言われてしまったことです。

パートで働いてくれる人を採用するときって、特定の曜日とか特定の時間帯で働ける人を希望していることが多いんですね。

そのために、広告費なんかをかけて人を探しているわけです。

だから、やれるといえば採用してもらえるかも?とできない曜日や時間帯もできるといって採用してもらおうとしてしまうと、今現在働いている人にしわ寄せがいってしまうことがあるんですね。

 

できるだけ自分が負担なく仕事をするために、お仕事を探すときは、自分が働きたいと思える条件を妥協してないで、お仕事を探してほしいなぁと思うんです。

仮に嘘をついて採用されてしまうと、自分が働けない時間帯に仕事を依頼されたら無理をしないといけなくなっちゃいますし、毎回断るようになると、あなたの代わりに誰かが仕事を負担することになってしまうので、そうなると、精神的に負担になることもありますし、あなたにとって職場が居心地の悪いものになってしまう可能性もあるんですよ。

せっかく、外で働くなら、負担をできるだけ減らして収入も得られた方が絶対いいです。そのためには、自分の条件を妥協しないっていうことってすごく大切なことなんですね。

 

絶対自分の条件にあった仕事を見つけると決意したら、ぜんぜん決まらないから我慢してここで仕事しようかなぁと思って決めてしまうと、仕事が嫌になってしまうこともあります。

仕事を始めたら、できるだけ同じ職場で仕事ができたほうが、仕事を覚えるのも楽ですし、できるだけ落ち着ける会社に早く出会って、人間関係を築いて精神的に楽に仕事をするうえでもメリットになります。

でも、少し働いて、嫌になってすぐに辞めてしまうと、また、新しい仕事を探して、仕事を覚えて、人間関係も築きなおさないといけなくなります。

これって、けっこう精神的にしんどいです。

最初から、条件を妥協しなければ、自分のペースで仕事をすることができるので、最終的には自分が楽になれるんじゃないかなと思います。

 

早く仕事を見つけたいと強く思ってしまうと、つい妥協したくなりますが、どうしても譲りたくないという条件は、妥協しないで働くことができる仕事を見つけたほうが長く働けると思います。

明日は、新しいスタッフを採用するために会社側がどんなことをしているのかということをお伝えしながら、こんなふうに仕事を探すことができるよというお話をしてみたいと思います。

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)