コミュニケーションの大切さ

Pocket

こんにちは

 

新規クライアントさんのお仕事、順調にこなしています。
あまり細かく指示がないので、一定の指示内容をクリアしていれば、まったく修正が入りません。
今まで、クライアントさんと初めての仕事のときは、必ず直しが入っていたので、今回はその点ではかなり楽です。

一番最初にライターとして採用していただいたクライアントさんのときは、文字数もどんどん多くなりましたし、日程もかなり細かく指示されていて早く納品しても、納品から検収までの時間もかなりかかっていたので、今回は拍子抜けしてしまうくらい気持ちが楽です。

 

まぁ、最初は記事を書くことに慣れていなかったので、かなりくせがありましたし(つい文章が長くなってしまう)、どんな感じで記事をまとめたらよいのかという点も慣れていなかったので、始めに鍛えてもらえたから今があるのだと思います。

最近は、1つの文章は、なるべく長くならないように、スマートフォンで表示したときに見づらくならないようにということを意識して文章を作成できるようになりました。

今は、2つのクライアントさんを掛け持ちしているので、書かなければいけない記事が5つあります。今までだと記事がたまってしまうとかなり焦っていたのですが、どちらのクライアントさんもほとんど直しがないので、その点では気持ちは楽になりました。

 

それを踏まえるとライターという仕事ってデータ入力などよりは稼ぐことは簡単ですが、リサーチから文字にする作業に慣れるまでは、あまりたくさんの仕事を抱えてしまうとけっこう負担になってしまうのかな?と思うようになりました。

 

半年くらい同じクライアントさんの仕事を続けていると、どんな文章が求められているのかを把握することができるので、あまり修正が入らなくなるのですが、修正が続くとめげてしまうこともあるので、在宅ワークの種類をライターに使用と考えている人ははじめはあまりクライアントさんの数を増やさずに少しづつ増やすとか、クライアントさんの仕事の依頼のペースにもよりますが、ペースの早いクライアントさんであれば、あまりたくさんのクライアントさんと同時に仕事をしないほうがいいかもしれません。

 

クライアントさんによっては、仕事を納品したあとに、突然継続がなくなり仕事がなくなってしまうこともありますので、最低2件くらいのクライアントさんとお仕事をしていると突然仕事がなくなる心配がなくていいのかな?とは思います。実際、私が仕事をしているクライアントさんの仕事で書けるジャンルが減ってしまったときはほとんど記事を書くことができなくなってしまったので、今月はほぼ収入ゼロになってしまいました。

今のクライアントさんと出会うことができたので、来月は復活できそうですが、こういうこともあるので最低2件くらい掛け持ちをしていると良いのかな?と思います。

 

記事を書く時間がかなり取れるとか、記事を書くことに慣れていてとにかく本数で報酬を増やしたい人はできるだけ多くのクライアントさんを確保して、なるべく継続案件をゲットして、できれば報酬の高い仕事があるとさらに良いと思うのですが、最初は無理をしないで始めるのがいいのかな?って思います。

そして、継続をしてもらうコツは、しっかりクライアントさんとコミュニケーションを取ることだと思います。今、お仕事をいただいている2件クライアントさんの担当さんはとても良いかたでレスポンスも早いですし、話の内容もわかりやすいのでコミュニケーションが取りやすいです。

 

逆にこちらが聞いたことに対して、回答がわかりにくい、対応が悪い、レスポンスが悪いといったクライアントさんのお仕事は継続しないことをおすすめします。反対に回答がわかりやすく、態度もよくてレスポンスの早いクライアントさんは大切にしましょう。

こういうクライアントさんと出会えると長いお付き合いができるようになりますよ。

さぼっていた分、仕事頑張ります!!

 

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)