人の記事を書くって難しいな~クライアントさんに伝えたみた編~

Pocket

こんにちは

 

人の記事を書くって難しいな~という記事を投稿したのですが、webライターをしている人の中に同じように悩んでいる人もいるかもしれないと思ったので、情報を共有していきたいと思います。

私は女性でクライアントさんが男性で、間隔のずれっていうか、文章の言葉のチョイスの好み?みたいなものが合わなくてそれが結構悩みのタネでもあったんですね。

修正してくださいとは言われていないんだけど、自分の好みとは違うんだろうな~みたいな…

内容はおおよそまんま使われているんですけど、実際にサイトにアップしたときに修正されていて、「ん~女性たぶんその表現好きじゃない人いるかも?」みたいなことがたびたびあったので、なんか言葉のチョイスの好みが合ってないんだろうなって感じてはいたんです。

でも、私の記事をもとにして、自分好みに変えてくれるんだったらそれが一番ベストかな?みたいに思っていたんですけど、なんかね、気になったみたいで、少しずつでいいので〇〇を意識して書いてくださいみたいな連絡がきたんですね。

ですので、私はお仕事をさせていただいている立場なので、変えてみますってお返事をしたんですけど、クライアントさん本人の中で軸が定まっていなかったかもしれません、混乱させてしまってすみませんみたいなお返事が来たんですよね。

それで、逆に私がますます混乱してしまったので、女性ってこういうところがあるので、ここを意識して書いていたんですけど、そこに解釈のずれがあったみたいなので、〇〇という解釈で大丈夫ですか?って伝えてみました。

 

受け入れて「わかりました」って言った方がいいのかな?って思ったので、わかりましたって返事を書いたんですけど、逆に謝られてしまったので自分の意図を明確に伝えて、相手の方向性を聞いたほうがきっとずれがなくなるんだろうなって思ったんですね。

言葉は選びましたけどね、気分害されたらどうしようみたいな…。反論するとかじゃなくて、どんな方向を望んでいるのかを素直に聞くにはどうしたらいいんだろう?みたいな…

会ったことがない人なので、このあたりの信頼関係の結び方っていうのも、在宅ワークならではの悩みかもしれませんね~。

とりあえず、今は返事待ちです。

 

お返事がきたら、また共有したいと思います。

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)