【在宅ワーク】ライターで安定して収入を得るコツ!

Pocket

こんにちは

今日は、在宅ワークに興味がある人が一番気になる収入について、お話しようと思います。私の場合、前は数名の案件を同時進行していたのですが、今は基本的に1か所のクライアントさんのお仕事をやっています。

新しいことを始めたいと言う願望があるため、webライターで収入を得つつ、次の準備を始めているのですが、ライターで安定して収入を得たいと考えている人もいると思いますので、安定した収入を得るために必要なことをお話してみますね。

継続してくれるクライアントさんと出会うまで案件をこなす

安定して仕事をこなすためには、継続してくれるクライアントさんの存在が不可欠です。でも、クライアントさんとの相性って実際に仕事をやってみないとやっぱりわからないのですよね。クライアントさんの情報をどんなに読んでみても、やっぱり一度一緒に仕事をしてみないと自分に合うかの判定って難しいんですね。

まず、継続してくれるクライアントさんを探すことが必要なんですが、探すためには最初は自分ができそうな案件をこまめにこなしていくことが必要になります。ここに辿り着くためには、仕事が安定するまで、まずはいろいろなサイトに登録して、興味がある案件にはどんどん応募する必要があります。

複数のクライアントさんを確保する

私は、最終的にライターを卒業したいので(ブログは継続する予定ですよ)、今は主なクライアントさんは1件だけなのですが、安定した収入を望む人は、常に複数のクライアントさんを確保しましょう。ライターに限らないのですが、在宅ワークの場合突然お仕事が打ち切られることがあります。案件が1つのクライアントしかないと、そこで収入の道が途絶えてしまうんですね。私も実際にそういうことがありました。

そこであわてて次の仕事を探しても、すぐに仕事が決まっても収入になるまでに少し時間がかかってしまいます。そして、今まで収入があったのに、それがなくなってしまうとけっこうダメージが大きいです。収入は減ってもゼロにならなければ、精神的にゆとりが持てるので、自分と相性の良いクライアントさんを複数確保しましょう。

自分の得意分野の記事が書ける仕事を探す

ライターで収入を得たいと思っているのであれば、自分の得意分野の記事がかけるクライアントさんを探しましょう。ライター募集の際に、こんなジャンルの記事を書いてもらえるライターさんを募集していますということが書いてありますので、それを参考に自分が得意なジャンルの記事がかけるクライアントさんを根気よく探しましょう。

「ネットで調べられる範囲で書いていただければけっこうです」は、実はくせものです。
わかりやすい例で例えると、たとえば、医師免許を持っていない人に医学部に合格するためにはどんな勉強をすれば良いかという記事を書こうとしても、ネットで調べればある程度の情報は出てきますが、自分が体験していないので、実感がないですよね?
ということは、言葉に説得力がなくなってしまうし、本当に合っているのか自信がないまま記事を書くことになります。

そして、最大のデメリットは、自分に知識のないことは、下調べにすっごく時間がかかります。得意とか好きな分野であれば、例え知らないことがあっても、調べることがそんなにつらくないので、好きなジャンルを書ける仕事を確保しましょう。

納期がタイトなクライアントさんはできれば避ける

どれくらいの期間にどれくらいの本数を書いて欲しいという情報は、応募画面に書いてあることがあります。もし、書いてなければ最初に質問をすることをおすすめします。

納期がタイトなクライアントさんのお仕事は、仕事が忙しくなると家事に支障が出ることがあります。それがストレスにならなければいいのですが、ストレスになってしまう人にはおすすめできません。できれば、自分のペースで納品できるお仕事を見つけると、長く続けやすいのかな?と思います。

まとめ

まずは、継続してもらえるクライアントさんを複数確保しましょう。そのためには、まず案件に応募しなくちゃだめですね。このクライアントさんと一緒にやるのは大変だなって思ったら、継続をあきらめて、次のクライアントさんを探したほうが良いかもしれません。

あとは、興味のある分野、得意な分野の記事が書けるとストレスが少なく書けるといいのかな?と思います。

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)