6,000字の記事のボリューム

Pocket

こんにちは

 

今日は、とりあえずやってみるという内容でお話してみたいと思います。

 

最近はずっと4,000文字の記事を書いていたのですが、この内容なら書けそうって思って書き始めた記事がたまたま6,000文字だったのですね。

最初は目で6,000文字という数字を見てしまうと、けっこうなのボリュームだな~と感じてしまったのですが、書き始めたらあっという間に5,000文字弱を突破していました。

いつもは家族が帰ってきてから仕事をすることはないのですが、なんとなく記事を書き始めてそんなに時間をかけずに5,000文字近く書くことができました。

 

そして、思ったのは「案ずるより産むが易し」なんだな~を改めて感じたということです。たぶん、私以外でもこういう考え方をしてしまう人っていると思うんですけど、最初にゴールを見てしまうとゴールがものすごく困難で果てしなく見えてしまうことってないですか?

 

それで、やってもいないのに、最初から怖気づいてしまうんですよね。でも、最初の一歩を踏み出してみると「なんだ、やってみたら気がついたらできてた」ってことがたくさんあるんじゃないかな?ということです。


私が最近意識していることの1つにとにかくいい気分、楽しい気分で一日を過ごすというのがあるんですが、へこんだ気持ちでたぶん記事を書き始めたら、全然文字数が増えない~ってなってたと思うんです。

 

でも、楽しい気分を意識していると、気分が落ち込んでいないので、何をやっていても苦痛じゃなくなるというか…。ゴールじゃなくてご褒美を見つめながら、仕事をするようにしているというか…。

 

それだけ気分良く生活をするって大切なんじゃないかな?って思うようになりました。

私の書いているクライアントさんは、独自のプラットフォーム(クライアントさんが作っている記事を作成する画面)があるのですが、5,000文字近く書いたのに、なぜか文章の順番がぐちゃぐちゃになったんですよ。たぶん、あやまって同じ画面のタブを複数開いてしまっていたのが原因かな?と思うんですけどね。

 

一瞬わ~~~ってなったんですけど(いくら気分良くって言ってもさすがに5,000文字はなかったことにしたくないし)とりあえず、画面みて直そう~っていう気分にはなれたので、地道に修正していたら、元通りにはなったので、ほっとしました。

 

3,000文字程度からスタートした私にとって1記事で6,000文字ってけっこうなボリュームで、数時間で書きあげられるって思える量ではなかったんですね。少なくても自分でそう信じてたんです。

途中で文章がぐちゃぐちゃになったのと、家族が帰ってきて、ご飯を食べてから書き始めたので、時間が遅かったので全部書きあげることは断念したんですが、自分が想像していたよりは時間をかけずにできるようになってたことに気がつくことができました。

 

自分には無理かも?って思ってることの中には、実はできるのに無理かも?って思っていることがあるような気がします。無理かも?って思っていることが本当にやりたいことだったら、とりあえずやってみることをおすすめしたいと思います。

 

あなたの心の中にやりたいけど、無理かも?って思っていることは何ですか?やってみると意外に簡単にできると思いますよ~♪

Let’s challenge!!

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)