50代以上でなかなか就職先が見つからないときこそ在宅ワークを始めよう

Pocket

こんにちは

 

私が外に働きに出ていたとき、訳あって前職を辞め、ハローワークに通っていた時期がありました。雇用保険をもらっていたので、定期的に就職活動をする必要があったのが一番の理由ですけど…。

 

私がハローワークに通っていたときがたまたま仕事を探している人が多い時期だったのか、いつも同じくらいの人であふれていたのかはわかりませんが、駐車場に車が止められないくらい人が多くて、仕事を探すパソコン待ちの状態になっていました。

 

あまりにもいつも混んでいたので、ハローワークのパソコンでした見られない求人情報もあるのですが、家のパソコンからもハローワークの情報が見られるので、もっぱら家で仕事を探して、めぼしいそうなものがあったら印刷して相談するということをしてました。

でも…

ハローワークのパソコンって年齢を入力する場所があるのですが、年齢を入力してしまうと悲しいくらい求人の件数がなくなってしまうんですね。なけなしの求人票を印刷して、一応窓口に相談に行くんですが(雇用保険をもらっているうちは、一応相談までしなければいけなかったよ~な気がします)年齢を担当者に伝えると明らかにトーンダウンしているのがわかるんですよね~。年齢不問って書いてあっても、もっと若い人がいいよね~そりゃそうだ、わかるよ。って思ってました。

 

その後、派遣である会社の事務の仕事をしていましたが、父が亡くなり、他にもまぁいろいろありまして、辞めることとなり、在宅ワーカーとしての今に至っております。

 

おばさんの就職活動も簡単ではないですが、男性(おじさん)の方が仕事探しが大変そうなイメージでした…。力仕事だったり、ある程度知識が必要だったり、細かい作業の仕事は絶対若い人材がほしいですもんね。

ため息まじりに時間ぎりぎりまで、必死にパソコンを見ているのを見ていたら、なんだかこっちまで悲しくなりました。特に今は定年までしっかり勤め上げても年金の支給が始まらないので、この現象はますます大変になっていくんじゃないかなぁと思います。

 

私よりも上の世代になると、パソコンを使いこなせない人もいると思うので、在宅でネット回線を使って仕事をすると一言で言うのも大変な人もいるかもしれません。でも、少なくても自分の力で稼ぎだすことができれば、面接をしたり、仕事探しで悲しい思いをしなくても済むと思うのです。

年齢が高くなればなるほど、そもそも面接までたどり着くことも大変でしたし…

 

インターネットを利用して稼ぐ方法は、在宅ワーク以外にもたくさんあります。怪しげなところもあるので、見極めは重要ですし、稼ぐための勉強も必要になることもありますが、それでも未知の可能性もあるんですね。

 

私の母は、高齢で少々痴呆もあるのですが、自分の好きなことがまったくない人なのです。楽しみがないというか…。いろいろなものを勧めてみたことはあるのですが、本人がやる気にならずすべて失敗に終わりました。

そこにいくと、亡くなった父は、生きがいにできることがあったので、足腰は弱くなりましたけど、最期まで頭はしっかりしていました。

仕事もない、好きなこともないという生活は、金銭面だけではなく、生きる気力を失ってしまうこともあるんですね。

 

そういう私も何度かブログで書きましたが、仕事をしなくなってしばらくしたらかなり怪しげな人間になってしまったことがあります。家事をする気にもなれず、ただただ1日が長くて、おかしくなっていました。おこづかいもなくて、それもどんよりした原因の1つになっていました。

 

在宅ワークを始めたばかりの頃は、なかなか稼げなくて1か月頑張っても1万円にもなりませんでしたが、今は頑張ればそれなりの金額は稼げるようになってきました。自分のお金があるという心のゆとりと、やることがあるという現実と、頭を使うことを毎日やっていることで平穏な生活を取り戻すことができました。

仕事ってお金を得るのはもちろんですが、人間らしく生きるためにも必要なんじゃないかな?って思うんですね。

 

でも、外で働こうとすると厳しい現実もあります。だったら、自信を持って家で稼ぐという選択肢もありなんじゃないかなぁとすごく思います。

私の場合、あんまり頑張りすぎると、心がつらくなるので適度な量の仕事しかしていませんが、ある程度慣れてくるとちょっと頑張れば月に10万円を稼ぐことも不可能ではありません。

 

何もせずに最初から楽々稼ぐのは難しいかもしれませんが、最初に頑張って不労収入の道を開いた人は、セミリタイアライフを楽しんでいる人もいます。最初は、おこづかいにもならない金額だったとしても、継続していれば道は開けると思います。

実際に私も最初は数千円にしかならなくて、おこづかいにもならない程度しか収入もありませんでしたし、記事を書いてお金をもらえるようになるなんで思ってもみませんでした。

 

データ入力の仕事が効率が悪く、頑張ったわりにはお金にならなかったので、思い切ってライターの仕事に応募したのがすべての始まりで、ブログをはじめるきっかけにもなりました。

 

母を見ていると生きがいってすごく大事なものだなって思います。1日ただただ時間が過ぎるだけの生活は寂しいな~って思います。

今後、私もどんな方向に進んでいくのか、まだまだ未知な部分もありますが、生きてるって楽しいなと思える人生にしたいと思っています。

 

外で仕事をするだけがお仕事じゃないし、家にいても誰かの役に立てることはあります。そして、自分の生きがいを見つけることも可能です。そして、頭を使っていると何よりボケ防止になります(笑)ライターの仕事は文章に詰まると、けっこうしんどいときもありますけど、間違いなく頭を使うという意味ではぼぉ~としてしまいがちな日常になることから救ってくれている気がします。

子どもたちのためにも、できる限り元気でいなくちゃだし、私も頑張ります!

 

在宅ワークが気になるな~と思った人は、ぜひぜひチャレンジしてみてください。意外な自分の才能が開花するかもしれませんよ。

 

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)