在宅ワークで1日3,000円稼ぐのは難しい?

Pocket

こんにちは

オリンピックも無事閉会式を迎えましたね。

カーリングの3位決定戦は、ハラハラドキドキしながら見てしまいました。オリンピックってメダリストが注目されてしまうことが多いですが、でも本当はオリンピックに出場できることだけでめちゃくちゃすごいことなんですよね。

アスリートの方だけではなく、常に理想の自分を目指して常に努力を続けている人って本当にすごいな~と思います。私も黒酢生活を開始して、炭水化物と糖質と脂質を減らす努力を始めました。でも、今日はアップルパイを作ったのですが、私だけひとくちで終了!夕飯も自分だけ別メニューでおひとりさまのお鍋にお豆腐を1丁入れて、お野菜と豚肉を少々入れたおひとり様鍋を作り、ご飯を抜いてます。でも、ご飯がめっちゃ恋しくて~つらいです。

甘味が欲しいときは、フルーツ青汁を飲んで我慢してます。これが普通になってくれば、ご飯がなくても我慢できるのかもしれないんですけど・・。家族には、ご飯減らすんじゃなくて、運動しなさいと言われました。運動すればいいんでしょうけどね~。年齢とともに基礎代謝も落ちているので、消費されるカロリーも減っちゃってるんですよね。こんなに頑張ってるのに、ぜんぜん体重が減りません。つらいよ~~。

 

私の体質改善の話はさておき、在宅ワークで1日3,000円稼ぐのって大変なの?という話をしたいと思います。

1日3,000円はそんなに難しいことじゃない!

今、私がやっているwebライターのお仕事は、3,000文字で1,400円で、4,000文字で1,850円です。文字単価にすると、0.46円なのでほぼ0.5円近い値段なので、あまり単価としては高くはなく、初心者さんが始めるライターさんの標準的な金額です。もちろん、これより高い単価のお仕事もありますし、これより安い場合もあります。

今、やっているところのお仕事は比較的選べるジャンルが多いので、自分の得意分野だけを選んで文章を書くことができています。前にやったお仕事の中には、あまり自分の得意分野ではない内容も書かなければならなかったときもあったのですが、こういう場合は内容を調べるのに時間がかかってしまうので、文字単価が変わらなくても結果的に時給計算にしてしまうと単価が下がってしまいます。

得意分野であれば、3,000文字程度であれば、調べなければ書けない文章であったとしても1時間かけずに書くことができています。仮に1時間かかったとしても、時給にすれば1,400円になるということですね。

4,000文字くらいであれば、1時間半~2時間で書くことができています。1時間半で書きあげられれば、時給で1,200円程度になりますね。文字数にもよりますが、3,000文字1本、4,000文字1本くらいであれば、午前中に1時間、午後1時間半程度の時間は簡単に作ることができるので、1日3,000円程度であれば、そんなに苦労しなくても稼ぐことは可能になっています。つまり、これを月に10日やれば30,000円、20日やれれば60,000円になるということです。ここからシステム手数料10%と振込手数料が540円引かれますが・・・。

でも、自宅にいてもこれだけの時給になればちょっとうれしくないですか?

在宅ワークでしっかり稼ぐコツは自分の得意分野の仕事を選ぶこと

在宅ワークでしっかり稼ぐコツは、報酬の金額はもちろん高いに越したことはないのですが、しっかり稼ぐコツは、自分が得意ではない分野の仕事を選ばないようにすることが大切です。自分の得意分野ではない仕事は、仕事をしていてストレスになってしまうことが多く、また、知らないことを作業するので、作業に慣れるまで時間がかかってしまいます。

それでも慣れて順調にできることであれば良いのですが、やりたくないことを我慢してやっていると、慣れることもなく、ストレスだけがたまってしまいます。会社に行って強制的にやる必要がないので、仕事を先延ばしにしてしまいますと、納期が迫って間に合わない・・という事態になってしまう可能性もあります。外に働くにいくことが難しいということは家にいなければならない事情があるという人が多いと思います。つまり、お仕事以外に拘束されてしまう何かがあるということなので、時間がかかるお仕事やストレスが多いお仕事は逆に自分を苦しめることになってしまいます。

在宅でストレスなく仕事をするためには、自分の苦手なことや不得意なことをやらなければいけない仕事を選ぶことは避けることが絶対オススメです。

得意な分野で無理のないスケジュールでできる仕事を選ぶ

サイドバーでご紹介している在宅ワークのサイトでお仕事を探していると、高収入が見込めるお仕事ってかなり魅力を感じてしまいますよね?でも、高収入のお仕事は、お仕事の内容がハードな場合やそもそもクライアントさんが危ない?という場合があります。

どんなに報酬がよくても、かなり無理をしなければ対処できないお仕事を選んでしまうと、最終的につらい思いをしてしまうのは自分なんですよね。ですから、まずは、少しずつ在宅で報酬を得るという習慣を作り、同じようなお仕事の数をこなすことで、仕事にも慣れてくるので、そうしたら、もう少し報酬を増やすことが可能になります。

お仕事を始めるときは、得意な分野で無理のないスケジュールでできるお仕事を選ぶようにしましょう。

まとめ

在宅で1日3,000円稼ぐことは可能です。文字を書くということが苦痛でない人であれば、初心者さんでもwebライター仕事は可能ですし、一般的に募集されているデータ入力の仕事よりも比較的簡単に稼ぐことができます。
でも、自分の苦手な分野のお仕事や無理をしなければならない仕事を選んでしまうと、逆に在宅でのお仕事がつらいものになってしまうので、おススメできません。

最初のうちは、あまり高収入にならなくても、無理をせず仕事に慣れたらお仕事を増やすことをおすすめします。

にほんブログ村アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)