2019年になりました

Pocket

こんにちは

 

ずいぶんおさぼりしてしまいました。

2019年になりました。そして平成も終わりを告げようとしています。

今、働き方改革についての記事を書いているのですが、法律によって働き方に関する内容が大きく変わっていくんだろうな~ということを強く感じています。


少子高齢化に伴い、労働者の人数の減少はますます深刻になっていくことが予想されます。子どもを産み、育てやすい社会、年齢を重ねた人も働ける環境、在宅で働けるしくみなどの整備が少しずつ進んでいくのかもしれませんね。

といいながら、昔ながらの考え方などに縛られて本当にそんな世の中に変わっていけるのかな?という疑問は個人的には思っていたりします。

子育ては男女平等といいながらも、男性の育児休暇に対する理解がなかったり、短時間労働に対するハラスメントがあったり、マタハラなんて言葉だってあったりします。

どんなに法律を作っても、労働時間や法の整備を進めようとしても、雇用者に対する経営者の考え方や労働者の意識を見直さなければなかなか難しいんじゃないかなと思うんですよね。

 

日本人のいいいところであり、悪いところであるとも思うのですが、勤勉で長時間働いたり、プライベートよりも仕事を優先するのが当たり前という考え方がいまだ根付いているので、どんなに法律で環境を作ったとしても周りの人の理解がなければ権利があってもうまく使えないというのが現状のような気がします。

 

働きたくても、子どもの面倒を見てもらえる人がいない人、介護で外に出るのが難しい人、年齢で採用してもらえない人、体が弱い人などにとってはまだまだ働きやすい、働ける環境にはなっていないんじゃないかな?と感じます。

 

働きたい、働ける人が安心して働ける環境になればいいな~と思うし、誰かの得意が誰かを助けることができるんだから、お互いに助け合えるような世の中になったらみんなが幸せになれるのにな~。

今の私にできることは、わかりにくい内容をわかりやすく発信したり、自分が経験したことを誰かに伝えて役に立ててほしいと思うことだけだったりしますが、いろんな働き方が普通になって、誰かの役に立つ、報酬を得るという意味では「仕事」ってすごく大切なものだと思うので、今年も少しでもみなさんの役に立つ情報を発信していけたらいいな~と思っています。

ライターの仕事に集中しているときは、自分のサイトがおさぼり気味になりますが、今年もなまぬる~い目で訪問いただけたら嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)