ライティングで普通に10万円稼ぐためには、どれくらい書けばできる?

Pocket

こんにちは

 

今日は、昨日の修正を納品して6,000円くらいの報酬になりました。このクライアントさんは、文字単価が0.6円くらいなので、報酬はこんな感じです。そこから手数料が10%引かれます。

今、一番安いクライアントさんがテストから10記事までは1記事1,000円なので、普段4,000文字くらいになっちゃうので文字単価にすると0.25円ですね。あと3本で10本なのでそのあとどうなるかわからないのですが、とりあえずあと3本は0.25円です。

もう一つのクライアントさんは、10記事目まで0.5円です。6本納品したので、あと4本は0.5円ですね。5本目から0.75円になります。あともうちょっとだ~。そして、0.75円になってから10本書くと1円になります。シュフティのライティングの場合、文字単価が高い案件ってあんまりなくて、0.5円くらいだといいかも?っていう感じで1円になるとやった~って感じです(笑)

 

でも、主婦でも書きやすい内容が多いので、単価は高いに越したことがないのですが、単価が高くてもリサーチに時間がかかると、結局記事の作成に時間がかかるので、私は自分が書きやすい内容の案件に絞って仕事をしています。

 

0.5円で10万円稼ごうと思ったら、10,000文字の記事を1か月で20本っていう感じですね。5,000文字だと40本。土日はおやすみにしよって思ったら、5,000文字を1日1~2本毎日書き続けるイメージだと思います。10本ごとにこれだけ報酬アップしてくれたクライアントさんは初めてです。

記事はまだまだあるところなので、しばらくここのクライアントさんに信頼してもらえるように頑張ろうと思ってます。1円になったら、5,000文字の記事を1か月20本でいける計算になるってことです。労力が半分になるのはかなり大きいです。

私の場合、ライターという仕事をしていますが、在宅で比較的まとまって稼ぎやすいのは事務代行みたいな仕事かな?と思います。文字入力やデータ入力は単価が安いのでなかなかパート代と同じくらいの金額を稼ぐのは大変なのですが、事務代行みたいな仕事は自宅で事務の仕事をする感じなんですね。

私が前にやったことがあるのは、携帯電話が貸与されて(だから電話代は会社持ちです)必要な連絡をしたり、メールを送ったりみたいな仕事をしてました。

でも、電話の相手は普通にオフィスがある会社の人なので、けっこう頻繁に電話がかかってきていたので、ストレスになっちゃったんですが、結局その仕事自体をやらなくするってことに決めたみたいで途中で3か月くらいで結局なくなりました。

そのときの報酬が6万くらいでした。

ある程度の収入が欲しい場合は、雑収入として計上するか、開業届を出して個人事業主になるとかして、自分で税金のことも手続きしないといけなくなるんですね。

年間で38万円以内におさえれば特に何もしなくても大丈夫です。でもそれ以上になると手続きが必要になります。

 

そういうのは面倒っていうなら、外でパートの方が楽かもしれませんね。私の場合、いいのか悪いのか収入が安定しないことが多くて、今月は多いけど、翌月はめっちゃ少ないみたいなことを繰り返してますね。

在宅ワークのつらいところは、収入の安定が難しいところかもしれませんね。仕事ありきですから。

 

ただ、そういう手続きも含めて、同じ仕事を続けていれば、10万円くらいであればだれでも稼ぐことは可能だということをお伝えしたかったんですね。ライターで0.5円で10万円を稼ぐのは楽ではないですけど、単価が1円くらいになれば、それほど無理しなくても可能だと思うんです。

怪しいサイトに気を付ける必要もありますが、その気になれば可能なんですね。

 

今日は、2つ納品したので、ちょっと用事を済ませてあとはのんびりしようと思ってます。

父が亡くなって3年経つのですが、私の知らない場所に畑があったらしく、畑として使えない状態なので地目変更しますか?というお知らせがきたのです。税金が変わるので、頑張っていってきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)