主婦のパート収入の平均月収ってどれくらい?103万円の壁って何?

Pocket

こんにちは

 

今日は、主婦のパートの平均月収ってどれくらいなの?103万円の壁って何?いうお話をしてみたいと思います。

追記:※2018年10月5日

配偶者控除、配偶者特別控除の記載に誤りがありましたので修正しました。

 

主婦のパート収入の平均は、9万5,000円だそうです。

 

主婦が仕事をする場合、税金や保険に関するさまざまな壁があります。

ご主人の税金や手取り金額に関わる『配偶者控除、配偶者特別控除の壁』『社会保険加入の壁』『所得税の壁』です。

この中で103万円の壁とよく聞くのは「配偶者控除、配偶者特別控除」のことをいいます。

配偶者控除の対象になるのは、配偶者の給与所得のみの年収が103万円以下、配偶者特別控除は141万円以下の場合に対象になります。

追記:2018年から配偶者特別控除の対象になる配偶者の給与所得が150万円以下に引き上げられました。

※控除を受けるためにはほかにも規定の条件があります。

配偶者控除と配偶者特別控除とはそもそも何かというと、税金は給与収入に対してかけられるものなんです。

例えば商売をやっている人であれば売り上げた収入に対して税金がかかるんですけど、売り上げを上げるには、経費として材料を購入したり、人を雇って給料を払ったりという経費がかかっていますよね?

だから、売上金に対して税金をかけるのではなくて、売上金から経費を差し引いた金額に対して税金がかかるしくみになっているんです。

でもサラリーマンの場合、経費として項目や金額を算出するのは難しいですよね?なので、奥さんを養っていることを経費として計上できるように配偶者控除とか配偶者特別控除というものがあるんですね。

配偶者控除は、奥さんが年収で103万円以下の場合、経費として認められる最高の38万円が認められて、配偶者特別控除の場合は、奥さんが年収141万円以下であれば最高の38万円の経費が認められているんです。

つまり、奥さんの年収が103万円以下であれば、配偶者控除の38万円が150万以下であれば配偶者特別控除の38万円がご主人の給料の経費として認められるということなんです。

 

103万円を超えるとどうなるかというと、経費として認められている38万円全額が経費ではならなくなってしまうので、経費として認められるこの金額が減ってしまうんですね。

どういうことかというと、奥さんの収入が多くなると認められる経費の金額(38万円の部分です)が少なくなります。つまり経費として認められる金額が少なくなってしまうので、ご主人の給料にかかる税金が増えるということになるんです。結果として、ご主人の給与の手取りの金額が減ってしまうということになるんですね。

他にも社会保険や所得税にも金額の決まりがあるので、奥さんの収入が多くなると、ご主人の保健に家族として加入できなくなるので、奥さんが自分で保険に入る必要があったり、所得税の金額が増えたりします。

 

ご主人のお給料を減らさず、保険なども扶養範囲になるように働くために、103万円を超えないように働きたいという話があるのはこういう事情があるからなんです。ただし、在宅ワークの場合、給与所得ではなく雑収入として扱われるので、103万円の壁というのは適用されないので注意してください。

税金対策を考えつつ、パートとして収入がほしいのであれば、パートに出ることをおすすめします。理由は、在宅ワークで得た収入は給与所得ではないので、年収が103万円ではなく38万円を超えると最高の控除を受けることができなくなってしまうからです。在宅ワークで年収38万円以内におさえようとすると、月にすると約31,000円ということになります。

でも、パートなら給与所得なので約85,000円になったとしてもご主人の扶養内で働くことができます。

 

在宅ワークで収入を得る場合、税金対策する方法は開業届を出して、個人事業主になることです。個人事業主として開業届を出すと在宅ワークで得た収入に必要なインターネット代などの他に基礎控除の38万円が経費として認められるようになります。(青色申告が受けられるようにするってことですね)

基礎控除は、条件に関係なく誰もが経費として認められているものなので、自分が得た収入から38万円は無条件で経費として計上できるものです。

在宅で稼ぎたいのであれば、このような手続きが必要になるので、面倒だしでも、3万じゃ少なすぎるな~と思えばパートの方がいいのかなと思います。

今日はちょっと税金のお話をしてみましたので、参考にしてみてくださいね。

アクセスランキングに登録しています。
ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村


SOHO・在宅ワークランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)